心配性ママの発達障害っこ育児

7歳の自閉症スペクトラム長男くんと4歳のグレー次男ちゃん、1歳三男ちゃんの子育てブログです。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いてます。最近はプログラミング教育にも興味ありです。過去記事はキーワードでブログ内検索していただけます。

2019年01月


 


株式会社 kaien の「知ってラクになる!発達障害の悩みに答える本」が良かったのでご紹介。



発達障害の子供を持つ保護者の方、当事者の方向けの本ですが



ある程度発達障害の子どもとの生活が落ち着いてきて子どもの進学や自立に向けて中長期的な情報を求めている保護者向けだと思います。



幼児期~学齢期に診断を受け、発達障害についてとにかく情報を求めているというという時期ではまだ早いかな?という感じです。
(個人的な考えです。)



あまり早くに情報を求めるとかえってストレスや不安が高まることもあると思っていますし、結構率直に書かれているので子どもの将来の見通しについて失望するかも…。



みたいな心配を感じました(笑)


 


「知ってラクになる!発達障害の悩みに答える本」のよい点



Q & A方式なので見やすく読みやすい。



カテゴリー別に分類されているので関心のある項目からが読むことができる。



そして幼児期から学齢期そして自立に向けた幅広い内容の質問に答えている。


 


というところがポイントです。



発達障害の方の進学や就職そして公務員の障害者採用はほとんど身体障害者であるなど。



保護者が集めづらい情報も盛り込まれているので参考になると思います。



株式会社 kaienの創業者はお子さんが発達障害であることが起業のきっかけの一つであったそうですが「療育なんかいらない」の佐藤さんもそうなんですよね。



「知ってラクになる!発達障害の悩みに答える本」の方がはるかに役に立ちそうな情報が盛り込まれているのにアマゾンでは在庫がなく(Kindleではあるけど)



そして私が買ったことを後悔した「療育なんかいらない」がアマゾンのレビューでは高評価であるというね…。



キャッチーな内容が受けやすいという世間の実情が反映されているようで世知辛い世の中だなぁと感じました。


 


この本は 株式会社KaienのQ & Aコーナーから内容を選び編成したものです。


本のほうがカテゴリー別に分けられていて楽ですが。


 


↓↓↓


 


大人の発達障害Q&A - 株式会社Kaien


 



三男が1月9日に産まれ、入院中です。


 


三男は新生児仮死で産まれ1分半で蘇生できましたが、採血の結果が良くなくまだ小児病棟で経過を見てもらっています。



赤ちゃんの評価では障害などの心配は低そうですが、心配でまだおめでたい感じじゃないです。


 


うちの子供達は3歳差の3人男兄弟。


 


ちょうど3年前、次男ちゃんが生まれた時の長男くんの様子を思い出したりしています。


 


自閉症ってネーミングに批判もあるでしょうが長男くんは自分に閉じこもっている感がある子で彼が周囲の存在に気づき始めたのは2歳半くらいでした。


 


3年前の長男くんって次男ちゃんが生まれてもあんまりよくわかってなかった感があり(笑)


 


赤ちゃんの次男ちゃんを見てもこれ何?という感じだしママが入院していても寂しいなぁという感じもありませんでした。


 


それにまだ、喋らなかったし…。



あの頃は本格的に家庭療育を始める前でした。



次男ちゃんが産まれる2週間前に長男くんに自閉症スペクトラムの診断がついて…。



次男ちゃんが産まれた入院中に長男くんの家庭療育につかえそうな知育玩具やワークをAmazonでポチってました。


 


次男ちゃんは赤ちゃんについてしまじろうのDVDでお勉強していて人形のはなちゃんをお世話したり(笑)


 


ママのお腹を撫でながら


 


「かわいいかわいいはなちゃん。」


 


と歌ったりしているので当時のお兄ちゃんよりもまだ赤ちゃんの存在に気づいている感じはします。


 


で、長男くんが


 


「赤ちゃんに優しくする!」


 


と言って面会に来た時に赤ちゃんにミルクあげたり、撫でてあげたり色々かまっていたけれど、帰るときに



「お部屋から帰えりたくない、まだいたい。」と言いました。


 


「赤ちゃんも帰るんだよ。」


 


と言うと赤ちゃんじゃなくてママがいないのが寂しいらしい!


 


「ママがいなくてオレ寂しい。」


 


と言うので待合まで抱っこして靴を履かせて見送りしてあげました。


 


あーあの何もわかっていなかった長男くんがママがいなくて寂しいという気持ちがわかるんだなあ。


 


そうなったなってくれたんだなぁと思って本当に感慨深いです。


 


長男くんが普通の子供じゃないっていうのはお世話の難しさもあったけど、


そもそもママやお世話してくれる人に関心を持たないこともあったと思います。



「この子には毛布さえあればいいんです。」


 


と療育センターの保育士の先生に私がいったこともあったそう。


 


全然覚えてないんだけど…。



辛かった記憶を覚えていないことってけっこうあって驚きます(笑)


そして、周りに心配かけていたりね(笑)


 


皮膚に過敏さがある長男くんは抱っこしたりお世話することだけじゃなく、私のこと自体を拒否してるように思えて悲しかったです。


 


その長男くんが今はママがいないと寂しいって言うんだもんねぇ。


 


おばあちゃんからのメールで何度も長男くんが



「ママいつ帰ってくるの。」


「ママがいなくて寂しい。」



と繰り返し言っているそう。


いつもはママは口うるさいと思っていそうなのに(笑)


 


そして夜は子供たち2人は大好きなパパと一緒に寝ていたそう。


 


次男ちゃんを出産した時はパパに長男くんの身の回りのお世話頼んでいました。


 


でも、パパは長男くんの身の回りのお世話を全くできておらず、がく然としたんですよね。


 


「お風呂に入れてくれた?」と聞くと


 


「う~ん。」と返事がかえってきて…。


 


う~ん。って何だよ!


 


実はシャンプーしてなかったり歯磨きや爪切りなども一切できずということを聞いて驚きました。



確かにあの頃は長男くんは肌の過敏さがあり頭や顔の回りを触られるのが駄目で…。


 


シャンプーするとパニックになってゲロ吐いたり、歯磨きも同じく転げまわって暴れて吐いたり、爪切りも同じく…ということで全然パパはお世話できなかった。



今回はばっちり子供達のお世話をできているよう。


 


まぁ、夫もこの3年でパパらしくなったんだなとちょっと思う(笑)


 


おばあちゃんが長男くんが歯磨きをしなくて困っているそうなのでおばあちゃんの携帯宛に長男くんにメールをしました。


 


(メールはひらがな、カタカナです。)


 


大好きな長男くんへ。



お利口で元気で頑張っていますか?



おばあちゃんのお手伝いをしているかな?



次男ちゃんと仲良くしているかな?



歯磨きもちゃんとしてるかな?



歯磨きしないと虫歯になって口が痛くなっちゃうし、幼稚園の生活表に丸ができなくて困っちゃうね。


 


お母さんも長男くんと一緒にいられなくて寂しいけど頑張ってますよ。



長男くんも頑張ってママにかっこいいとこ見せてね。


 


とメールしたらおばあちゃんから返信があり長男くんは歯磨きするって言ってますとのことでした。


 


3年で随分成長したんだなあ。



 


おしりたんていが大好きな長男くんと次男ちゃん。


クリスマスのプレゼントはおしりたんていグッズでした。。


 


おしりたんていの情報チェックに余念がないわが家に見逃せない情報が!


映画化の原作でイベント限定本だった「かれーなるじけん」が一般発売されることになりました!


 


しかも、1月1日からセブンイレブンの店頭とセブンイレブンのネットショッピングでもう発売しています・・・!!


 


それまではメルカリなどで凶悪な価格で販売されていたんですよ!


高すぎですよね!ぷんぷん!



f:id:ellytakayama:20190101160148j:image


 


これは見逃せませんね~。


仲良く長男くんとスーパー銭湯にでかけたパパに早速メールしました。


 


そしてセブンイレブンの店頭で無事ゲット!


 


楽しみすぎて玄関で読みはじめた長男くん。


さっそくカバー裏のお楽しみ間違い探しからやっています。


 


ネット通販はコチラから↓↓↓


 


おしりたんていカレーなるじけん


↑このページのトップヘ