心配性ママの発達障害っこ育児

7歳の自閉症スペクトラム長男くんと4歳のグレー次男ちゃん、1歳三男ちゃんの子育てブログです。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いてます。最近はプログラミング教育にも興味ありです。過去記事はキーワードでブログ内検索していただけます。

カテゴリ: 自閉症スペクトラム

ほそぼそと運営してきた 心配性ママの発達障害児育児ブログもおかげさまで90万プレビューを超えました。


 


おーパチパチ。


 


もちろんもっと多くの方に見ていただいているビッグなブログもあるんでしょうけど


地味に発達障害児を育てている自分の気持ちを綴ってきたブログをたくさんの方に見ていただけて嬉しく思っています。


 


当初に長男との育児が辛くてブログに書かずにはいられない!!と言う 気持ちでやっていました。


 


長男の激しい癇癪から逃れるためにまだ赤ん坊の次男を抱えながらクローゼットの中でブログをアップしたり…ということもありました(笑)


 


ブログのおかげでずいぶん気持ちの整理や


行動の振り返りなどすることができたと思います。


 


ベースはEvernote につけている私の育児日記だったりするんですけど


それをGoogle ドキュメントで加工し


はてなブログアプリでぺったりと貼り付けていました。


 


最近は週一回更新で落ち着いていたのですが…。


 


実はタイトルの通り2019年3月の Google アップデートでプレビュー数が6割減。


 


そして6月でさらに減って最盛期の8割減という状況になってしまいました(T_T)


 


このブログは9割が検索流入だったので Googleの評価が落ちてPV数はガタ落ちになってしまったんですよね。


残念です。


 


 


お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが


このブログはGoogleアドセンスやもしもアフィリエイトを利用させていただいており


おかげさまで、はてなブログの運営費はしっかり賄えていたのですが


これだけ落ちてしまうとはてなブログでやっている意味はないかもしれません。。


 


とはいえ今年の4月に1年更新してしまったんですけどね。


 


せっかく思い入れがあるブログなので独自ドメインでもお金がかからないライブドアブログやブロガーなどにお引っ越しして残していければなと思っています。


 


(livedoorブログはLINEの更新通知が便利なんですよね。)


 


もしかしたらはてなブログやっぱりやめるかもしれないんですけどその場合読者登録してくださってる方はどうなってしまうんでしょうか?など気になっています。


 


ともあれ今後も細々と続けていけたら良いなと思っておりますので


引き続きよろしくお願いできたら嬉しいです。


NHK発達障害プロジェクトで放送予定が更新されました。


 


 4/16(月)総合 朝8:15 あさイチ「発達障害のグレーゾーン」


 


4/30(月・祝)総合 朝8:15 特集番組


「超実践!発達障害“困りごと”とのつきあい方(仮)」 ほか


 


4月は2つも番組があるんですね・・。(忙しい!)


 


4月から5月にかけても発達障害の番組を予定しているとのことです。


 


あさイチでは4月から新MCが博多華丸・大吉さん、近江アナウンサーの3人にリニューアルですね。


イノッチの「4月からもしくよろ」の気持ちを忘れずにドキドキしながら放送を待ちたいと思います。


 


詳細は発達障害プロジェクトのホームページの更新情報をご覧ください☆


 


www1.nhk.or.jp


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


療育の世界から幼稚園に通うことになった長男くん。


 


最初の一週間は慣らし期間で給食前までの2時間半でお迎えです。


 


「慣らしだけでも付き添いしましょうか?」と園長先生に申し出ました。


 


そうすれば長男くんの様子も見ることができるし、関わり方も先生達にお伝えできる。


 


先生方の負担も軽減できるだろうし・・。


 


そう思ったのですが、園長先生にはきっぱり断られました。


 


「お子さんというのはお母さんがいる時といない時では様子が違います。」


 


「お母さんがいない時のお子さんの様子を見てどう関わっていくかは私たちが考えることですから。」


 


さすが教育者というのは筋が通っていると言うかはっきりしているなぁと感心しました。


 


今までにも発達障害の子どもたちを 受け入れてきた先生の貫禄と言うか。


 


幼児教育相談員の先生に〇〇幼稚園に通うことになりましたと話したところ


「あそこの幼稚園であれば楽しく過ごせるように配慮してくれるでしょう。良かったですね。」と言ってくれました。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


とはいっても保護者の心配は募ります。


 


長男くんのために長男くんの特性や関わり方を伝えるサポートブックをしっかり作る必要があると思いました。


 


f:id:ellytakayama:20170413140541j:plain





発達障害児のためのサポートブック


 


「発達障害」「サポートブック」で検索するとたくさんでてきます。


児童発達支援の事業者や発達障害児の保護者の方がご自分のサイトで掲出されているサポートブックはたっぷり13ページぐらいあったりします。


最初はリタリコの サポートブックを印刷し必要なシートだけ記入しようと思ったのですが記入したい箇所の枠がそんなに大きくなかったんです。


※リタリコ推しなのではなく単に検索上位にでてきたからです。


 


もう一つはうぇぶサポです。


support-book.jp


 


サポートでパソコンからカタカタ入力することが良いと思ったのですが必要がない項目は記入しないと空欄になるだけでやはり枠は決まっているんですよね。


 


結局・・


各サポートブックの項目だけ参考にしてシンプルに Googleドキュメントで作成することにしました(笑)


 


サポートブックはどれぐらいの量がベスト?


 


大量に作ると先生方に読んでもらえない、迷惑がられるから最小限でという意見を聞いたことがあります。


 


ですが、書類1枚に収めるとしたら本当に必要最小限のことしか書くことができません。


 


必要最小限というよりは


 


「これだけはしないでください。」


 


ということしか書くことができないです。


 


例えば長男くんの場合であったら


 


「いきなり体に触らないでください。」


 


「強引に集団行動に参加させようとしないでください。」


 


などの項目の羅列になり、特性や関わりの方法やその理由を書く余地はなくなりそうという印象でした。


A4サイズ1枚って結構すぐです。


 


今までに幼稚園として発達障害児を受け入れてきた実績はあるだろうけれど発達障害の子供もそれぞれ違います。


 


先生にご迷惑だったらどうしよう?と思いながらこういう特性があり、こう関わるとよいと思います。


と書いたら A 4サイズで4枚になっていました。


 


スポンサードリンク 


 




 



ご参考・自閉症スペクトラムの長男くんのサポートブック内容


 


長男くんサポートシート☆ 


                                日付


長男くんの経歴


 


1歳8か月~理学療法を受けはじめ


2歳で市の療育センターの集団療育、作業療法、言語聴覚療法を開始


(リハビリは継続しています。)


3歳4か月で児童発達支援センター▽▽▽へ入園しました。▽▽▽ではルールを守った遊びなどを楽しみました。





自閉症スペクトラムの為、不安やコミュニケーション、手先の不器用さがある子どもですがお友達や先生が大好きなのでよろしくお願いいたします。


 


コミュニケーション


 


◎本人から相手(先生・お友達)に伝えるとき


・発音が悪く何を言っているかわからない時があります。


・言葉のバリエーションは少ないですが、コミュニケーションはできていました。


・単語だけでの要求になりがちです。


「なんていうんだっけ?」と聞き返すと言いなおします。


「鼻!」→「鼻水拭いてください。の意味」


 


〇何か要求があるとき


・言葉で伝えられますが自分の要求を通そうとしているときは言い方が乱暴になります。


・「ちょっと~。」「ねぇ。」などはるか遠くから声掛けしてきます。
 「用があるときは近くに来て教えてね。」と伝えています。


 


〇指示されたことが嫌・不安なとき


・「やだ。」「しない。」など拒否を言葉で伝えてきます。
 指示にしたがわなければならないことはわかっていても気持ちの切り替えに時間がかかります。


・自分から「一緒にやろうよ。」と誘ってくることもあります。


 


 選択させたり、ちょっと手伝うなど妥協案をだすと安心できるようです。


 



無理にやらせようとすると癇癪になるので様子を見ながら、言葉などでうながしをお願いします。






◎先生方から本人に伝えるとき


・以前通っていた通園施設では「言葉」の説明だけで伝わると言われていました。


 


 シンプルな言葉かけをお願いいたします。


 


純粋な言葉の理解だけではなく周囲の様子を真似しながら行動してきた部分があります。


集団が大きくなるので理解に関しては少し心配しています。





〇いけないことを注意するとき


・不安が強く、傷つきやすいため否定的な言葉ではなく


「~するよ。」「~しようね。」など肯定的に伝えていただければと思います。





〇ほめ方


・ほめられるのが好きなのでほめられると先生が好きになると思います。


 


気持ちの切り替えなど当たり前のことでも「~できたね。」「まるだね。」など肯定的に伝えていただければと思います。


 


〇約束のさせ方


数字が好きなので「1~。」「2~。」「3~。」など数字でやることの順番を説明すると本人はわかりやすいようです。


 


時計の針などでおしまいの時間を提示するのもわかりやすいようです。


 


・一斉指示に不安があります。(以前は1クラス10人だったので)


 本人が理解しているか様子をご確認いただければ助かります。





パニック・かんしゃく


 


〇きっかけ


 


・自分が思ったようにできない(衣服の脱ぎ着、遊び)


・不快なことがある(予告なく身体をさわられる)


・自分のやりたいことができない(好きなおもちゃのおしまいの指示など)


 


〇様子


 


「やだー。」と大きな声をだしたり腕をぶんぶんふったり、足をだんだんしたりします。


 


〇対応法


・本人ができることは「できるよ」と励ます。


 できたら「できたね。」など肯定的にほめる。


 


・気持ちが切り替えられない時は「大きな声はださないよ。」など


 ルールを本人に告げ、離れてしばらく様子を見る。


 


(大きな声を出せば関心がひけると勘違いしてしまう為です。)


 


・見通しを教える


ルールを守らなければならない気持ちはあるようですが


気持ちの切り替えに時間がかかりやすいので事前に説明いただければと思います。





皮膚に過敏さがあった為、身体にさわるサポートをしていただく際は


事前に本人に「手伝ってあげようか?」など聞きご対応をお願いできればと思います。






激しいパニック、癇癪は最近はほぼありません。


長引くこともないようです。





外出・移動


 


周囲に注意が行ってしまい、しばしば振り返って声掛けしないとついてこないことが多いです。


 


自分で気づけば距離が開いていてもついてきます。


信号のルールは理解しています。





身辺自立


 


〇着る


自分で一通り着られますが


手袋の左手側やブーツカバーなど苦手なものがあります。


 


〇脱ぐ


自分で一通り脱げます。


 


脱いだあとのズボンやパンツの裏返しが苦手です。


くるりんぱできるのですが不安なことはやってもらいたがります。


 


上手くできないと「やだー。」「手伝ってよ!」など大きな声を出すことがあります。


 


「できるよ。」など言葉ではげましていただければと思います。






〇トイレ


日常ではトイレは自立しています。


男の子用便器も使えます。


 


慣れない環境では言い出せないか心配です。


 


おしりをきれいにふくことができません。


「仕上げしてください。」とおしりふきを要求します。


 


〇食事


 


 スプーン・フォークで自分で食事ができます。


おはしはまだできません。





遊び


〇好きな遊び


ブロック遊び、パズル、トランプ、車のおもちゃなど


 


車のおもちゃなど好きなおもちゃはこだわりの原因になります。


 


終わりの時間をあらかじめ教えて見通しをつけたり、普段は見えないようしまったり環境のコントロールをしていました。


 


〇苦手な遊び


粘土、塗り絵・お絵かき、おりがみ、はさみ


 


3歳まで皮膚の過敏さがあり、物をさわって遊べない状況が続いていました。

経験不足と発達の問題から極端な不器用さがあり手先を使う遊びは不安があるようです。



 


以上よろしくお願いいたします。


 


 


サポートブックは本人の特性を踏まえて年齢相応にできない部分、先生方にお伝えしたほうが良いと思った内容を盛り込みました。


 


長男くんは発達検査では年齢に近い発達指数がでましたが、情緒(気持ちの切り替え、我慢)は2歳台と判定されています。


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


ご参考に私が提出したサポートブックの内容を記載していますが、お子さんによって必要な情報は違うのだと思います。


 


 


幼稚園に本人の特性理解のために提出した書類


 


自閉症スペクトラムの長男くんの特性理解のために提出した書類は以下の通りです。


 



  • サポートブック

  • 新K式発達検査結果

  • S-M社会生活能力検査結果

  • 日本イーライリリーの冊子(発達障害の説明)


 


 ADHDの薬を発売している日本イーライリリーが発達障害全般の説明をしている冊子をつくっているのですが、シンプルにまとまっていて良いです。


※ちなみに冊子では「自閉スペクトラム症」と表記されています。


 


先生方は熱心に説明を聞いてくださり、参考にして息子と関わってくださっているようです。


 


先日も「おもちゃ遊びをおしまいにしない!」という長男くんに「じゃあ10数えるたらおしまいしようか?」と言ったら数え終わる前にお片付けできたんですよ~☆と教えていただきました。


(感謝です☆)


 


迷いましたがサポートブックを作成してよかったと思っています。


 


発達障害の子どもの園・就学生活をサポートする本


先週、息子の幼稚園での反抗的な態度を見て熟読してしまいました。


今週は機嫌が良くすごしているようでほっとしています。


 


どちらもkindleセールで50%オフで購入しました。


 





 


 




 


2年前、長男くんに自閉症スペクトラムの診断が下ってから発達障害関係の書籍を読み漁ってきました。


今は手元に置いておきたい本を残して不要な本を図書館に寄贈しています。


 


 悩んで寄贈したのが発達障害の予防と改善です。


 


著者はほんまでっかTVに出演されている脳科学者澤口俊之氏。


 


 



発達障害の予防と改善の主張


 


「発達障害の予防と改善」では幼児期に発達障害を未然に防ぐ関わり方。


そして8歳までの子どもに関しては発達障害を改善する内容を記述していると主張しています。


 


ただ


個人的には澤口氏の主張を評価しているわけじゃないんですよね。


 


だから図書館に寄贈するか悩んだわけで。


読み返したい本は寄贈できないしかといって良くない本(主観です)は寄贈をするのは不適切。


 


この本には発達障害を改善するために何をしたらいいかいろいろ書いてあります。


 


ところが当たり前のようで意外に実行が難しいことばかりなのです。


 


例えば本のなかで澤口さんは面談した重度の自閉症のお子さんに「改善しますよ。」と言いその子は本当に定型発達のようになったというエピソードがあります。


 


本では発達障害の子どもに4歳でお箸を使わせたら発達障害の予防と改善になると書かれています。


 


でも、重度の自閉症のお子さんに身辺自立教えたりするのは難しかったりします。


 


お箸が使えるようになれば発達障害が改善すると言われても軽度、中度の発達障害の子供でお箸で食事ができない子はたくさんいます。


 


鶏が先か?卵が先か?


 


身辺自立の関わりのむつかしさは発達障害児の支援者や保護者であれば知っています。


 


書いてあることを現実的にできるの?


どうやってやったの?


 


発達障害を改善する条件がまず難しいと保護者としては思います。


 


ちなみに興味があったので澤口式育脳法セット2100円も購入しています(笑)


 


おうちでできる!脳を育てる澤口式育脳法セット


 澤口式育脳法セット内容

解説書1冊


数字カード10枚


記号カード25枚


ビジュアルサーチ訓練法サブテキスト1冊


 


対象年齢

3歳~7歳


 



脳科学者澤口俊之が実践する育脳法をカンタン解説。


6つの方法でお子さんの人間力を育んでみませんか?



 


 


とあります。


 


澤口式育脳法で推奨されている訓練は6つです。


 



  1. ワーキングメモリ訓練法

  2. ビジュアルサーチ訓練法

  3. 読書法

  4. 折り紙

  5. ブロック法

  6. キャッチボール法


 


カード類は1、2で使用するものですが個人的にはトランプで代用化だと思います。


3~6はもともと幼児教育にはよいと言われていることです。 


 


 


エビデンスについてはオープンにされている情報がありませんから発達障害の改善効果がよくわからないなぁと思っています。


 


(幼児教育的にはどんどんやってよい内容だと思います☆)


 


「発達障害の予防と改善」は頭を手術しろーとか食事療法しろという主張よりはましだろう…ということで


そこまで悪影響がある本でもないかな?というぐらいの認識です。


 


この本に傾倒しすぎて、お子さんの発達段階に合わない要求をしすぎると教育虐待になるかもしれませんが…。


 


 自閉症の脳を読み解く どのように考え、感じているのか テンプル・グラディン


 


「自閉症」と「脳科学」であれば私は「自閉症の脳を読み解く」のほうが興味深かったです。


 


内容紹介 



最新の脳画像研究、当事者たちによる自己報告、さらに著者自身の体験から、自閉症への科学的知見と深い洞察が導き出される。


自閉症者として体感したことを、科学者として分析するという著者独自の手法で、自閉症の人の本質を新たにとらえなおし、その強みや思考パターンまで解き明かしていく。


自閉症研究の粋を結集させた待望の書。



 


自閉症の特性を分類し「強み」としてとらえるなんてすごくポジティブだし、息子の進路選択に役立ちそう(笑) 


また読み返したい本です。


 





 



子どもの成長がゆっくりだったら親は心配になりますよね。


 


長男くんの成長が遅いことを心配しながらも私は成長がゆっくりなんだな。それが個性なんだな。と思っていました。


 


自分の子どもに障害があるなんて全く考えもしませんでした。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 





迷っていたら即予約!?児童精神科の新規患者受付がとにかく待たされる理由





療育センターの小児科医に児童精神科の受診を勧められ児童精神科の予約を取ることになったのですが・・


 


その時点で半年待ち。


 


知り合いの看護師さんがキャンセル待ちで繰り上げてくれたので実質三か月待ちでした。





幼児の児童精神科の診察は保護者からの子供の様子を聞き子供のことを判断していきます。


 


「先生はなぜ長男くんの様子をあまり見ないんですか?」


 


児童精神科の診察では長男くんは先生と挨拶やクラスの様子など質問の受け答えなどをしてすぐ別室に遊びに行ってしまいます。


 


なんでだろう?


 


率直に聞いたこともありました。





幼児の行動だけをみて特性を判断するのには診療時間では足りないこと。


幼児は自分で質問に答えるのはむつかしいから保護者や周辺情報の聞き取りで判断する。


 


と先生の回答でした。




初回の診療であれば30~40分ほどの時間を取るのが通常ではないでしょうか。


 


なので新規の患者の受付は私が前住んでいる自治体で療育センターの児童精神科の受診は8ヶ月待ち。


 


そしてもう一つのセンターの診療所の児童精神科は1年以上持ちでした。


 


子どもの内面の発達をみる、児童精神科医が不足していることが問題になっています。


 


スポンサードリンク







 



 


子供の発達で悩んだらどこに相談したらいい?


 


待機が多い児童精神科にいきなり受診しなくてもほかの相談先があります。


 


各自治体の保健センター

 


保健センターでは乳幼児健診も行っていますし、一番無難な相談先だと思います。


保健士だけでなく臨床心理士の発達相談などしているケースもあります。


 


次男ちゃんの発達相談に関しても1カ月ぐらい待ちました。


(子どもを心配している保護者は多いんですね。)





児童相談所

療育手帳を取得するための発達検査は児童相談所で行われます。


今住んでいる自治体では児童相談所と療育施設は同じ敷地にあり連携しているようです。


一般的には保健センターのほうが発達相談には慣れていると思います。


 


保健センター、児童相談所のどちらでも子どもの発達に課題があると分かった場合、児童精神科への紹介状を書かれます。


 


どのルートを選んでも最終的には児童精神科の受診となりそうです。





児童精神科を受診していなくても障害児施設通所支援受給者証の申請はできる?


 


自治体の福祉課に「児童発達支援」のための障害児施設通所支援受給者証の申請をするには児童精神科に受診している事実や発達障害の診断などが必要な場合があります。


 


ただ、今住んでいる自治体では児童精神科の受診は1年待ちという状況の為「保健センターから児童精神科への紹介状が発行された事実」で障害児施設通所支援受給者証の申請はできるようになっています。


 


児童精神科の受診ができていない状況だからといって児童発達支援などの申請ができないわけではありません。





どうして発達障害の子どもは増えているの?


 


最近は発達障害の子供が増えていると報道されています。


 


これは乳幼児健診などで気になる子どものスクリーニングを厳密に行い子供たちのフォローを早期に行いましょうというものです。


 


発達障害の子供が増えているというよりは今までなら見過ごされていた子たちもフォローしようというものです。





子どもは国が決めた乳幼児健診を定期的に受けなければいけません。


 


そのタイミングで保健婦が子供たちの様子を見てちょっと気になる様子がある子は見守りであったり、親子遊びの集いであったり、すぐ療育などのフォローにまわしていきます。


 


うちの子供達も二人とも乳幼児健診で見出されました(笑)


 


次男ちゃんがまだおしゃべりをしないこともあり、ことばの遅れのすべてがわかる本を読んだのですが、児童精神科への受診は4歳ぐらいからが目安と書かれていました。


 


10年ほど前と今では子どもの内面の発達の支援の方針、スピード感が変わってきているのを感じました。


 


子どもの成長や発達が心配ならすぐ相談の予約を取ったほうがよさそうですね。


 


スポンサードリンク


 



↑このページのトップヘ