心配性ママの発達障害っこ育児

7歳の自閉症スペクトラム長男くんと4歳のグレー次男ちゃん、1歳三男ちゃんの子育てブログです。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いてます。最近はプログラミング教育にも興味ありです。過去記事はキーワードでブログ内検索していただけます。

カテゴリ: 発達障害の子どもの居場所づくり

うちの自治体では就学相談が始まるのが9月からと遅いので年長の長男くんの就学はこれからまだ先の話かなーというところです。


 


去年の段階で支援学校、支援級など見学には行っていたのでだいたいこんな感じかなあというところを持っています。


f:id:ellytakayama:20170808070331j:plain


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


www.kenkou-kosodate.com


 


 


ただし学校によって状態はかなり違うと思いますが。


 


長男くんは注意力散漫な子なので大人数の集団生活にとてもついていけるようには思えません(笑)


ということで現段階では少人数の支援級が良いのかなというふうに思っています。


 


もちろん見学した結果、学区内の支援級がどうしようもなくひどかったら考えを変えるかもしれません。


 


普通級だけでなく支援級、支援学校も考えているのであれば働く主婦さんのブログ記事がよく考え方がまとまっていると思います。


blog.livedoor.jp


 


私もまあそんな感じで考えています。


 


普通級に通う発達障害の子


 


以前通っていた通園施設の卒業生でも普通級に通っている子達はいます。


ただ、普通級に入れることで伸びることを期待して…というよりはちょっとした周囲の気遣いがあれば普通級でやっていける能力がもともとあるお子さん達です。


 


普通級でやっていけるお子さんは真面目で指示が通らないことがあってもちょっと周りがフォローすれば 当然理解できるし前提として席に座っていられる。


先生やお友達の意見をちゃんと聞くことができる子達です。


 


逆に言うと教室にいられなかったり注意力散漫で友達が教えてくれたことなど聞くことができないとちょっと厳しいかもしれないかなという感じ。


 


みんな困ってるお友達は助けようとしますがわがままな子は嫌だなーと思ってしまうんですよね。


そして先生もそういうところあるかもしれない。。


 


支援級のメリット


 


1クラス8人制

これは集団が苦手な子にはとてもメリットがあると思います。


人数が多いとそれだけで疲れたり気が散ってしまう性質のお子さんには良いと思います。


 


支援級のデメリット


 


デメリットは・・比較的多いんじゃないですかね。


 


学習は期待できない

 


学習の内容の適切さに関しては全く期待できないと思います。


(もちろん学校によります。)


 


具体的に見学に行ったり考えれば分かることではあるのですが普通級というのは生徒の人数を多くても学習の計画というのは一つです。


文部科学省が作成した学習指導要領に合わせて作成された学習の計画に対してクラス全員が進度を合わせて学んでいくわけなんですよね。


 


先生は当然準備をして臨むわけですが作る計画が1種類でオッケーです。


 


ところが支援級になるとそうはいきません。


 


なにしろ先生1人に生徒は最大8人。


おそらく学年も違えば知的なレベルも違います。


それに本人たちの特性(不安が強すぎて学習になかなか取り組めなかったり)が加わります。


 


それぞれ違う生徒たちに対して生徒個別の学習計画を作成して臨むべきなのですが・・・。


 


でもそれを一人の先生でやらなければいけません。今までは普通のクラスで一つの計画しか作っていなかったのに。


 


学年も違う、知的なレベルも違う、特性の違う生徒たちを能力を最大限に伸ばすように学習計画を立てることができる先生・・。


そんな超人的な先生いる!?


 


普通に優秀っていうぐらいではとてもできないでしょう・・。


 


支援級に見学に行くと大体プリント学習をしていますがそれが当たり前でしょう。


 


だってみんな学年とか違うし・・少人数でも一斉授業なんてできないでしょうから。


 


reachme.hatenablog.com


 


オレンジさんのお子さんのクラスでは1~3年生の子を合わせて一斉授業をしてその内容は1年生向けの授業をしていたり。


(なんやそれ!!)


 


だったら、タブレット学習とか動画による授業とかないものなんでしょうか?


 


プリント学習もよい教材が発売されてきています。


 



 



 


(ただ、Amazonのランキングには載らないので大型書店などでチェックされるとよいと思います。)


 


とりあえず学習に関しては正直期待できないんじゃないかなぁと思います。


1クラスあたりの生徒数が少なければまた違うかもしれませんが…。


 


お友達の特性

 


発達障害の子はコミュニケーションが苦手だったり色々あるわけです。


(もちろん自分の子もそうなんですけど。)


中にはちょっと乱暴な子だったり暴力的な子だったりということも考えられます。


 


長男くんはおとなしいのでお友達が大きな声を出すと固まうと言われたり。


あと、よくない行動に引きずられやすいとも指摘されたことがあります。


 


ちなみに長男くんは幼稚園に通っていますが、人数は多いけれど情緒が落ち着いている集団に入れたほうがいいのかな?との判断でした。(児童デイも併用して通っています。)


 


支援級の教師が特別支援教育のプロとは限らない

 


支援級の先生は必ずしも特別支援教育に詳しいわけではありません。


 


支援校の先生は特別支援学校教諭免許が必要ですが支援級の教師には免許は必要ないからです。


(最近では実習で特別支援校を実習する必要があるそうですが、日数がだいぶ少ないのですよね。)


 


なのであまり生徒のことをよく知らない先生が担当することがあります。


 


複数のクラスがあり、ベテラン先生がいればいろいろと新しく着任した先生もいろいろ学ぶことができるのでしょうが、支援級はいま、どの小学校・中学校にも作る方針なので各学校でそこまでクラス数がないんですよね。


支援級も知的障害クラスと情緒クラスにわかれていますし。


 


見学に行った時に支援級の先生にその特別支援校教諭の資格を持っていますかと聞いたところ


先生が「最近うるさいのでもってますね。」とき答えたので内心「おいおい何がうるさいだよ。」と思ったのですが小学校や中学校の支援級の教員が免許を取ってもその受講費は自己負担になるそうです。


大体5万円ぐらいかかるそうですし、免許をとる実習にも2週間ほど夏休みなどの時間をあてるそうなのでうるさいからといっても自らそうやって学ぼうとする先生というのはありがたい存在なんでしょうね(笑)


 


というわけで今のところ支援級を考えていますが特別支援級にそこまで魅力を感じているわけではありません。


 


普通級に通うのが長男くんにとって負担だろうから~ぐらいの気持ちです。


 


まず小学校に通うのが嫌になって欲しくないし、無理なく楽しく通って欲しいなあというところです。


 


今の自治体の小学校の支援級は見学に行っていないのでこういったブログ記事を書いてもまた意見がガラッと変わるかもしれません。(笑)


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


第一希望の縦割り保育の幼稚園に見学に行けることになりました。


 


こちらの自治体では規模としては小さいほうで6クラス184人。


 


混合クラスなので1クラス32人。担任は2名です。


 


 


f:id:ellytakayama:20170607154630j:plain


発達障害児の幼稚園見学。長男くんの様子は・・


 


私が参加したのは年少のさらに前のプレの説明会です。


 


ちょうど次男ちゃんと同じぐらいの可愛い子供たちがちょこちょこしています。


 


お母さんが話を聞く椅子の列と子供たちがおもちゃで遊ぶシートに別れています。


 


おもちゃは皆ヨーロッパ製の良質な木の知育玩具です。


 


長男くんは魚釣り、型はめ、ポットン落としのおもちゃで遊び始めました。


 


「お母さん、これから先生のお話を聞くからね。遊んでいてくれるかな?」


 


「うん。」


 


椅子の列の一番後ろの端に陣取ります。


 


何かあった時にすぐ長男くんのところに駆けつけられるように(笑)


 


自分のペースで成長できる縦割り保育の魅力


 


園長先生の説明が始まります。


 


一番の特色である縦割りクラスについての説明がありました。


 


子供たちの関わりの多様さのため異年齢の子ども達を混合にしたクラス編成にしていること


 


年上の子供達は小さい子たちに優しく世話をしたり思いやりの気持ちを持ち


 


小さい子供達は年上の自分たちよりも色々できるお兄ちゃんお姉ちゃん達に憧れながら刺激され自分も成長していくこと。


 


やがて小さい子ども達が成長すると今度は自分たちが小さい子たちに気を配ってあげるようになること。


 


多様な子どもたちがいるクラスでお互いが思いやり、それぞれのペースで遊んで成長していくんですね。






良質な知育玩具が豊富。自発的な活動で意欲が育つ?






室内遊具をヨーロッパ製の知育玩具にこだわっていることも魅力です!


 


知育玩具では海外のメーカーが(ボーネルンドなど)有名ですが良い値段しますよね。


 


私も子どもの発達と知育玩具の関係については作業療法士の先生のアドバイスを聞きながら勉強してきました。


 


確かにヨーロッパ製の室内遊具(ボーネルンド他)などは実際に療育に使われていることもあり品質の良さは折り紙つきです。


 


(類似品のおもちゃもあるけれど、有名メーカー品は高価だけどよく考えられているなぁ~と思う。)


 


そういったヨーロッパの室内玩具にがたっぷりあるのです!


 


なんてすごいんでしょう。


 


スポンサードリンク


 




 



 


この幼稚園に通わせたい!だけど・・


 


話を聞くほどに幼稚園に通いたいという気持ちが高まり


その反面、入園できないかもしれない・・


冷静にならなくちゃねと思い胸が痛かったです。


 


長男くんはその間1回ママのところフラフラと戻ってきたので


 


「もうしばらくお話聞いてるよ。もうちょっと遊んでてね。」


 


と言うと


 


「うん。」


 


と言いながらお遊びの場所に戻ってきました。


 


そして泣いてる女の子がいると「大丈夫だよ。」と励ましの言葉をかけていました。


 


園長先生の説明が終わり職員室で個別に長男くんについて話すことになりました。





自閉症スペクトラムの息子は幼稚園に通えるか?


 


私が園長先生と話している間もう一人先生がつき長男くんは遊びながら待っていることになりました。





ペグさしやビーズのおもちゃで遊んでいます。


 


電話で園長先生にざっくりと長男くんの話をしていたのですが


園長先生はすでに長男くんのことを受け入れるつもりだったようです。


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


当然のように通えることペースで話が進んでいるので本当に驚きました。


 


「大丈夫でしょうか?その…ご迷惑をおかけしないか心配だなとも思っているんですけど。」


 


と言うと





「大丈夫ですよ。私ども経験ありますから。」


 


「今も1人児童デイと併用してるお子さんがいますからね。」


 


フフフとほほ笑む園長先生。


 


教育方針の縦割り保育で思いやりの気持ちが育つ!は本当だったんですね!


 


 


通い始めるのは 発表会が終わった12月から。


 


児童デイサービスと併用することになるんでしょうから、週何日、何曜日に通うか決めてください。


 


とのお話。


 


もう一人の先生は遊びながら長男くんの様子を見てくれていて


「これだけ遊べるのであれば極端についていけないということはないと思いますよ。」


と言ってくれました。


 


幼稚園に通えることになったけれど


 


長男くんは幼稚園の知育玩具と先生がすっかり気に入りお話が終わった後も


「帰らない。おしまいしない。」と言ってごねました。


 


ママが印象悪くなっちゃうと心配しながら


「10数える間におしまいするよ。」と言うと長男くんが


「できるから!おしまい!おしまい!。」と怒りながらおしまいしていました。


 


そして玄関でも「帰りたくない!帰らない!」


と言いながらまたママが10数えをすると怒っててててっと 出て行きました。


 


先生方はそれを見ながら「玄関をでたら気持ちを切り替えられたね。」と言ってニコニコして見送ってくださいました。


 


私は長男くんはこの素敵な幼稚園に通える通えるんだという喜びと大丈夫だろうか?という不安で胸がいっぱいでした。


「幼稚園は考えていないの?」


 


「幼稚園と児童デイを併用しているお子さんも多いですよ。」


 


「幼稚園はお母さんがちょっと不安なのかな?」





公立の児童発達支援センターを見学した際に聞かれました。


 


以前の長男くんは典型的な自閉症スペクトラム。


 


言葉も少ないし、コミュニケーションや情緒の幼さでは幼稚園なんてとても考えられないと思っていました。


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


なにしろ幼稚園は1クラス35人前後で先生は1人。





その大きい集団に合わせて行動することになります。


 


長男くんに楽しく過ごして欲しい。


 


成長してきているけれど幼児期に背伸びする必要はない・・と思っていました。


 


f:id:ellytakayama:20170627074443j:plain





発達障害の子どもでも自分や周りのことをわかっている


 


長男くん2歳の時に一時保育に通っていましたが、疲れたりすると1歳児のクラスに自分で混ざりに行ったりしていたんですよね。


(それを大目に見てくれる先生達に感謝。)


 


障害がある幼児でも自分ができていないこと、他の子についていけないことが分かるんだなあと思いました。


 


特に今の長男くんはさらに自分のこと周りのことが分かるようになってきている。


 


だからこそ長男くんが疎外感を感じたり、自信を失うことがあっちゃいけない。


 


でも通っている児童デイが長男くんにとって良い環境だと思えない。


 


そして数百もの児童デイがあるこの自治体で本当に長男くんの居場所はどこにあるんだろう?




以前、通っていた通園施設で長男くんは優等生な感じでみんなにかわいがられていました。(ちょっと泣き虫だったけど。)


 


それなら幼稚園に通わせたらいいかもしれない!と思いました。



スポンサードリンク


 




 



困難を極める?発達障害児の幼稚園探し


 


この幼稚園探し・・


 


正直むつかしそうだと思っていました。


 


なにしろ今住んでいるエリアは幼稚園激戦区。


 


3年保育が基本で定期募集でも年中は若干名、年長は基本募集していません。


 


年少で入園させるために、プレに入れようとし、プレの願書提出に行列するようなエリア・・。


 


保健センターの担当者のお話しでは


転勤族の保護者は幼稚園探しに困っているそう。





しかも発達障害児では・・。


 


不定期の入園希望だし、明らかに受け入れてもらえなさそう!!


 


ふぅぅ~。(ため息)


 


とは言っても!


 


親が動かなければ発達障害児の居場所なんてわいて出てこないんです!


 


トライあるのみ!!


 


スポンサードリンク







 



幼稚園への電話で子どもが発達障害と正直に伝えるべきか迷う


 


幼稚園ガイドを見ていると長男くんに合っていそうな縦割り保育の幼稚園を見つけました。


 


縦割り保育は3~5歳児の異なる年齢を混合したクラスです。


 


いろんなお友達がいるから苦手なこと、できないことがあっても長男くんもお友達も気にならないはず。




縦割りクラスだと担任は2人と多いですから、通常のクラスより先生の目が届きやすいかも。(フリーの教員も7名もいる)



しかも近い!!


 


どきどきしながらさっそく電話します。


 


「もしもし、年中の息子がいるんですけれども、いま通わせる園を探しているんですが・・。」


 


「今までは保育園や幼稚園に通っていたんですか?」


 


と聞かれ


 


今までの学習を活かせず正直に


 


「児童発達支援センターに通っていました。」


 


と言うと


 


しばらく長い保留にされ


 


園長先生が電話に出てきて


 


「今は発表会の練習があってしばらく見学は難しいです。」


 


「1ヶ月後ぐらいなら…」


 


と言うお馴染みの様な対応でした。


 


ああ。。


 


幼稚園ガイドには混合クラスで思いやりが育つって書いてあるけど・・。


 


発達障害児は対象外なのかな。


 


迷惑がられているのかな?


 


気持ちが迷って


 


私は見学を申し込むことができませんでした。


 


今までの一時保育や習い事探しで迷惑がられたその経験を思い出してしまって・・。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


ネットでは幼稚園に通っている発達障害のお子さんが多くいますけど一体どうやって幼稚園探しをしたんでしょうか?


 


自閉症の息子を拒否された経験があると自分の子どもが自閉症スペクトラムであると知られるのを躊躇してしまいます。


 


発達障害の息子の居場所探しにモヤモヤ


 


なかなか合う児童デイも見つからない。


 


幼稚園に行かせたらいいかなと思ったけど、駄目なのかな・・。


 


そう思いながら幼稚園のガイドブックを見ていると公立幼稚園が目に留まりました。


 


公立であれば可能性があるかもしれない!


 


ドキドキしながら今度は公立の幼稚園に電話をかけることにしました。


 


つづきます。


 


今回、転勤のため、あたらしい場所でまた自閉症スペクトラムの息子の居場所づくりをしなければなりません。


 


今までも通園施設を利用してきたのでこちらでも障害児発達支援のサービスを受けようと手続きを始めました。


 


住む自治体が変わると「新規」で障害児通所支援受給者証の申請することになります。


 


この手続きがぐちゃぐちゃで精神的に疲れています…。


 



f:id:ellytakayama:20170628070832j:plain


発達障害児ママの怒り





障害児通所支援受給者証とは?


 


就学(小学校入学)前の児童発達支援や


就学後の放課後デイサービスなどの施設を利用するための受給者証です。


 


申請中では施設は利用できません。


障害児通所支援受給者証が手元に来てはじめて施設と契約できるのです。


 


 


障害児通所支援受給者証の申請の流れ


 


自治体窓口に行き障害児通所支援受給者証を申請したい旨を伝える





書類に記入し申請への経緯、子どもの様子、利用日数の要望、利用予定の施設など聞き取りされる


 


事前に複数の施設の見学をして利用する施設のめどはつけていたので答えられた。


 


問題はここから





障害児通所支援受給者証の申請には「障害児支援利用計画」が必要(えっ?)


 


「セルフプラン」でもいいけどモニタリングがあった方がいいよね?

事業者と契約して利用計画を作ってもらってくださいとリストをもらう。





役所での手続き中断


 


利用希望の施設は受給者証がいつごろ発行されるか知りたがっていたけれど。


 


事前に相談支援事業者と契約して利用計画を提出しなきゃ受給者証が発行されないなんて教えてくれなかった!


 


・・。


申請の要件を満たすため相談支援事業者と契約しなきゃ


 



どの相談支援事業者と契約したらよいのか悩む


 


事業者名、住所、電話番号だけのリストを渡されてもね…。


何を基準に選んだらよいの?


 



 


利用予定の施設系列で相談支援もやっていたのでそこの相談支援事業者と契約する


この系列の事業者大丈夫なの?とちょっと不信になる。


 



 


相談支援事業者が「障害児支援利用計画案」を作って自治体に提出


 


引き継ぎで今までの利用計画を持参したので経緯や子どものことなどヒアリングしてすぐ作ってもらえた。


 


児童デイの窓口の方が連絡ミス・連絡忘れが多い人だったみたいだけどほかの人はまともそう。




 


自治体でも家庭訪問で子どもの様子や親の意見など聞き取りにくる


 


そして…


 


必要書類が揃ったら受給者証を発行


と言われる。


 


この時点で2週間経っていますが・・。


そしてまだ発行されていません。。


 


しかも必要書類として途中で私の所得証明(育休中で収入なし)も提出が必要だと言われて郵送で取り寄せ。


 


転出時に福祉課に受給者証を返しに行ったときには何も手続きはいりませんよ。と言われたので真に受けていました。


 


障害児通所支援受給者証の申請には世帯の所得証明が必要なんですよね。





障害者はマイノリティというけれど手続きや対応をもれなく把握している職員が少ないの…?


 


二度手間、三度手間で疲れきっています。


 


発達障害児の切れ目のない支援のために


 


転入前に障害児通所支援受給者証を利用していたのなら


「新規」ではなく「更新」などで対応しなければ発達障害児の支援に切れ目が生じてしまいます。


 


就学前の子どもの貴重な社会生活の時間が奪われているようにも思いますし


 


受け入れられづらい発達障害児の居場所として児童発達支援を利用しているのに!


 


親としては納得しがたい待ち時間です。


 


転勤の度に発生する発達障害の息子への支援の切れ目はどうしたらよいのでしょう。


 


切れ目のない支援などうわべのセリフに思えます。


 


疲れた(;´д`)


就学前の障害児の進路選びはどうしたらいい?


発達障害児の居場所はいろいろあります。


(だから、子どもの為にどうしたらよいか?保護者は悩む)


 


長男くんは年少から通園施設に週5日通っています。


 


f:id:ellytakayama:20170403195614j:plain


就学前の発達が気になる子どもの進路


 


小学校入学前(就学前)は3歳前後から子どもの進路を考えると思います。


 


幼稚園も今は3年保育(年少3歳)、2年保育(年中4歳)に加えて満3歳になる子が通えるプレ(週3日ぐらい)に通うことが多いようです。


 



  • 保育園

  • 幼稚園

  • 児童デイサービス

  • 療育センター

  • 障害児通園施設


 


など。


 


保育園・幼稚園の場合

 


障害児に理解がある保育園・幼稚園を探さなければいけませんし


障害児枠が空いていなければ入園できないかもしれません。


 


入園希望の前年の秋ごろから願書や試験があるようです。


 


※障害児枠での入園の場合は加配といって障害児を担当する先生がつくこともあります。


 


保活で正直に療育センターの集団療育に通っていることを伝えたら


 


「障害児ですか?障害児はちょっと・・」と断られそうになりました。


 


理解のある保育園に出会えたのは幸運でした。


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 





児童デイサービスや療育センター、障害児通園施設に通う場合は「障害児施設通所受給証」が必要となります。


 


「障害児施設通所受給証」は自治体で発行してもらいます。


大体1月かかりました。


また、発行が完了してからの施設の利用となります。


 


児童デイサービスとは?

就学前の子供を対象に日中の一定の時間、療育的な関わりをもつサービスのことです。


放課後デイサービスを合わせて展開する事業者も多いようです。


 


療育センター

自治体で公的な集団療育の場を提供していることがあります。


私の住んでいる自治体では毎日ではなく週1~2回の利用でした。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 





保育園や幼稚園と療育センター・児童デイサービスなどをかけもちしていたり


複数の児童デイサービスに通っている子もいます。





障害児通園施設

 


障害児通所施設は障害児が通う幼稚園といったところです。



息子が通っている施設は社会福祉法人が運営していますが、市の補助があるので普通の幼稚園より安く通うことができます。



ABA(応用行動分析)の考えを根底にもつポーテージ早期療育プログラムの取り組みで知られ地元の支援者の間で評判のよい施設です。


 


ほかの施設も見学したことがありますが、園によって方針やかかわり方は違う印象です。


 


私が通園施設を選んだのは成り行き・・。


 


信頼している先生方に勧められたままに「えいっ。」と選んだのですが良かったと思っています。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 





発達障害の子がいて、子どものためにいろいろ考えている親がいる。


 


子どもの進路を決めるのは悩ましいですが、子どものために考えた選択でいいんだと思います。






↑このページのトップヘ