心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

【自閉症スペクトラム】長男の成長記録(2歳9ヶ月、2歳10か月)

長男くんは家庭でのABAセラピーとほぼ同じ時期に一時保育に通うようになりました。

 
この頃の長男くんは保護者からみるとおどろくほど成長していました。(元が反応少ない子だったので)
 
以下はわたしの育児日記からです
 

長男くんの成長メモ

 

長男くん2歳9ヶ月

1.保育園デビュー

 
わたしが付き添っていた母子交流からついに一時保育スタート☆楽しく通っているみたい。
 
おやつにスルメや煮干しをかじったり、鉄棒にぶら下がったり、長男くんの行動に驚きがたくさん。決まりは多いけれど理解ある先生方に感謝。
 
集団療育に通い始めたころの苦労を思うとスムーズになじめて成長を感じた。
 

2.赤ちゃんのお世話

 
次男ちゃんのことが気になるようで
側についていて、オムツを変えるそぶりをしたり、ほ乳瓶を次男ちゃんの口に入れていたりのお世話ぶり。
(次男ちゃんは口に入れたほ乳瓶をもぐもぐ呑んでいた)
 

3.長男くんが自分で歩くようになった

ママやお祖母ちゃんと一緒だと甘えてすぐ歩かなくなったが、今は自分で歩くように。保育園のお陰と思う。
 

4.言葉が増えた

前より話せる言葉が増えた気がする。
ちょうだい、とってなど。
保育園でも教えてくれているよう。
テレビやDVDの歌もちょっと真似できるように。

数字、アルファベットに興味がでてきた。
今後に期待☆
 
 

スポンサーリンク
 

長男くん2歳10か月

長男くんの成長。
興味の幅が広がるなど成長している部分もあるけれど、後退しているような気になることもある。
 
呼んでも昔みたいに毛布をにぎにぎして呼ばれてもこちらを見ないときがある。
 
でも、1ヶ月前に比べたらすごーく成長した!と思う。
 
 

1. 体の発達

理学療法の先生に身体がしっかりしてきたと誉められる。自分で歩くという意識ができたと思う。保育園のお陰だと思う。


でんぐり返しにトライしてた。


2.身辺自立

保育園の給食は自分で食べているそうだけど。。
 
自分の目で見るまで信じられない。ショック。
 
自宅では相変わらず上手にできず癇癪を起こして嗚咽して吐いているのに。
 
洋服の脱ぐ動作をちょと協力するようになった。
 
オムツは依頼すると自分で脱いだりする。パーカーなど自分できたがるそぶりを見せた。
 

3.認識力


物の名前を覚えつつある。
 
歌やキャラクターもセリフを自分でもちょっと真似出来るようになった。
 
あいうえおの口真似ができるようになったので耳から聞いた音を認識できるようだ。
 
読み聞かせの絵本の言葉をちょっと真似る。
 
ピヨピヨ、まって、とか。
 
パパやママの言った言葉をまねできるようになった。


4.言葉

 
真似が出来るようになってきた。
歌もちょっと歌えるようになった。
日常の中では言葉での指示は通るが、はてなんだ君のように純粋に言葉だけの指示は通らない。好きな言葉は大きい。
 
好きなもの
アンパンマン(なかなか起きない時に利用)、DVD大好き、タブレットゲーム大好き
アポロ(大好きではない)