心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

発達障害の子どもに家庭学習を定着させるコツ

お家でお勉強してますか?

 
長男くんは3歳6ヶ月の時から家庭学習をするようになりました。 
 
ようやく身辺自立(着替えや食事)の目処が立ってきたのでお勉強関連もしていこうと思ったんですよね。

 
今では自分で「しまのつぎ、おべんきょうだね。」と言っています。
 
(大好きなしまじろうのDVDのあと、お勉強するスケジュールなので)
 
でもはじめはなかなか受け入れてくれず苦労しました。
(~_~;)
 
長男くんの家庭学習を振り返ってみようと思います。
 

発達障害児の家庭学習のむつかしさ

 
家庭学習のむつかしさは2つあると思ってます。
 
まず、家庭学習をあたらしく習慣として定着させること
 
そして、家庭学習を継続させること
 
 

家庭学習を習慣にするために

お勉強が好きな子、親が言うことを素直に聞く子であれば家庭学習をするのは問題がないと思います。
 
ただ、不安感が強い発達障害児は苦手なことはしたがらない…
 
また頑固なので新しく勉強をする習慣を受け入れるのも抵抗がある…
 
親の指導を受けるのもキライ(長男くんだけ?)
 
といった困りごとがあります。
(長男くんの話です!)
 
わたしも長男くんの様子をみながらあの手この手でアピールしていきました☆
 

事前に予告しておく

発達障害児はいきなり感が苦手といいますよね。
 
今日これからお勉強をはじめるよ☆と言うより
「明日からお勉強してよっかぁ?」 
 
そして、購入したワークや文房具など見せて「カッコいいよね~長男くんのだよ~」ともちあげて(?)おきました(笑)
 
意外に本人が興味を持ってやりたがることもあります。
 
当日も「今日、お勉強しようね。」と伝えておきます。
「しまじろうのあと、お勉強しようか?」
 
長男くんは「ん?」みたいな感じ。
あんまり反応ありません。が、とりあえず事前準備はこれでOK

前ふりをしたらいよいよお勉強です。
 
 

スポンサーリンク
 

最初は子どもの好きなことをやる

最初は子どもの好きなお勉強だけいいと思ってます。
(わたしの後悔?)
 
長男くんはシールブックからはじめました。
 
親はできないこと、にがてなことを克服して欲しいと願っています。
 
長男くんは運筆(えんぴつ、めいろ)やはさみ、折り紙…たくさんありました!
 
でも、家庭学習が定着するまで好きなことをやらせてあげて
苦手なことはほんのすこしでないと子どもはお勉強がキライになっちゃいますよね。
 
まずは好きなことを中心にお勉強することでお勉強=楽しい♪と思ってもらいましょう☆
 

にがてなジャンルはできそうなことを

にがてなジャンルをお勉強するときは子どもができるレベルの内容をやらせます。
 
できた感でやる気になります。
 
もし、うまくできなくてもたくさんほめてあげましょう☆
 
にがて意識があることに取り組んだこと自体えらいんですから。
 

最初は少しだけで十分

いよいよお勉強スタート。
 
最初はプリント1~3枚ぐらい。
時間は5分くらいを目安にしていました。
 
最初からたくさんこなさなくて十分!
 
まず、お勉強のためにいすに座れただけでもえらいんですから。
 
(…ぐらいの気持ちだとお母さんもイライラせずにすみます。)
 
慣れてきたら、だんだん量も時間も増えていきます。
 
わが家は5~20分くらい。
 
大体2、3種類のことをやっています。
 
線つなぎ、めいろ、はさみ、などわたしが決めるときもあれば長男くんにつぎはなにするか聞くときもあります。
 
 

スケジュール、見通しをつたえておく

 

スケジュールをつたえる

見通しがないと発達障害児は不安になりやすいと言います。
 
長男くんも最初はお勉強をやりたがらず、いすに座りたがりませんでした。
 
そこで、長男くんの好きなマイ時計をテーブルに置き
 
「ほらこの長い棒が4になったらお勉強おしまいだね。勉強おしまいしたら次しまじろう見れるね。」

とさそうといすに座りお勉強をはじめました。
 
ちらっちらっとしょっちゅう時計のすすみを確認しながら(笑)
 

子どもに定着するまで毎日する

繰り返すことでお勉強はするものだと子どもに思ってもらえます。
 
理想は毎日ですが、一日おきぐらいの時もありました。
(わたしの都合で)
 
子どもの機嫌が悪くて、なだめながらプリント1枚でおしまいにしたこともありました。
 
面倒くさくて、超かんたんなシール貼りだけの時も。
 
きっちりではなく、ざっくりこなしてきました。
 
家庭学習をはじめた時はこんな感じでいいのかな?と
思っていましたが2週間ぐらいすると長男くんも納得してやっているようでした。
 
 
とはいえ、一度は行き詰まって家庭学習を2ヶ月くらいお休みしていたこともありました。
 
わたしが家庭学習を継続させるために気をつけていることはまた書きたいと思います。