心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

賢くなる?おもちゃをすべて知育玩具にしてみました

発達障害で成長がゆっくりな子どもがいるわが家。
 
家で楽しく過ごしてほしい。

どんどん成長していってほしい。

でも、押し付けは良くない。スパルタ教育もいや。
 
そんなわが家の結論
 
おもちゃがすべて発達を促す知育玩具だったらいいんじゃない!
 
そして…わが家はおもちゃの断捨離をして
おもちゃのミニマリストに変身しました(笑)
 
 

こどもちゃれんじからたくさんもらったおもちゃもママが気に入っているもの以外は涙をのんで処分!!

 
 

そもそも知育玩具とは何か?

子どもにとっては全てが学びになると言うけれど。
 
子どもにとって知的発達を促すように考えて作られているおもちゃのこと。
 

私が思う幼児期の知育玩具の特徴

 
幼児期の知育玩具は将来の学びのため。
 
勉強するための土台となる力を育てるものが多いと思っています。
 
例えば
 
  • 見る力
  • 手先の器用さ
  • 道具を使う力
  • 模倣・真似する力
  • 数の概念 物の概念
  • 集中力
  • 考える力
  • 聞く力

 

など一生懸命遊ぶことで身に付いていきます。
 

どうして知育玩具がいいの?

長男くんの主治医(児童精神科医)が言うことには

体をうまくコントロールできることは脳をコントロールできる力を身につけたということ。
 
体の成長と脳の成長はともに大きく関係している。
 
幼児期には体や指先を使った遊び自体が成長を促す良い刺激となるんです。
 
知育アプリや知育ゲームなども大人気ですよね。長男くんもアプリゲーム大好きです
わが家ではごほうび的にやらせてあげます。
※ウンチ一回でアプリ10分とか
 

不安感が強い子どもに知育玩具の与えかた

良さそうな知育玩具はわが家では買っておいて子どもに顔見せさせておいたりします。
 
長男くんは初めてやることに抵抗があります。おもちゃも同じです。
 
できるかな?遊べるかなあ?と不安なんだと思います。
 
とはいえ遊びたい。
 
(やっと遊びたい気持ちが育ってくれた!)
 
長男くんの目の届く範囲に購入したおもちゃを置いておくと
 
「ママ、これなあに?」
 
自分から興味をもつ…。
 
ママに勧められるとスルー。(あまのじゃく)
 

子どもが新しいおもちゃで遊んでいる時の声かけ

知育玩具は子どもの発達の様子をみてちょっと頑張ればできそうなものをあげること。
 
難しすぎたら…子どもはつまらない!イライラする!遊びたくなくなる!
 
せっかく知育玩具をあげたのだから遊んでほしい。
 

子どもが新しいおもちゃにちょっと苦戦していたら

 
「一緒にやろっか」
 
遊びに参加することで安心するみたい。 
 
調子がよくなるとママはお払い箱です…。
 

子どもの気持ちがすでに折れていたら(笑)

 
「お手伝いしてくれる?」
 
お手伝いは長男くんのお気に入りのキーワード。
 
ママの助けになるならやってみよう!と踏み出せるみたい。
 
言葉の力で子どもを励ましたりしています。
 

わが家の知育玩具大公開

パズル


くもんのパズルシリーズは枠となる台がないので普通のパズルより形や色など見る力が求められます。


個別療育で使われるパズルもくもんです。一箱に数種類入っています。


パズルは知育玩具のスタンダード。

手先の器用さ。集中力。考える力。など育てます。
 
 

凸凹ブロック

手のひらサイズの大きめのブロックを扱うことで手や肩の操作性を高めます。

作業療育士の先生より

「手先を器用にするには小さいものではなく、まず大きいもの操作から学ばなければなりません。」

(レゴの年齢が意外に高いのはそういう意味です。)
立体的に見る力(視空間認知力)も養えます。
 
 

アンパンマン 天才脳パズル

アンパンマンひらがなマグネット

小さい子どもは大好きなアンパンマンのひらがなマグネットです。1ヶ月くらいでひらがなを覚えました。
マイナーキャラが多いのですが大丈夫でした(笑)


すうじカード、かるたも大好きです。
つみきキューブが50個入っています。


くもん 図形キューブつみき
数を数える練習や
カードでつみきを並べる模倣の練習ができます。


真似してつくるのは長男くんはニガテなので表情をみながら勧めています。
 
見る力(視空間認知力)向上になります。最初はできなくて怒っていましたが、最近は自分でやり直したりしながらできるようになりました。
 

 

www.kenkou-kosodate.com

 

スポンサードリンク

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじのおしゃべり絵本(はてなんだくん)
こどもちゃれんじのしまじろうが長男くんは大好き。
 
成長を踏まえた身辺自立やマナーを教えてくれる頼もしい味方です。
 
幼児教育を本当によく研究しているなぁと感心します。
 
長男くんが大好きなおしゃべりシリーズは年少からはじまります。
 
年少ではリズム、タッチ遊びや「大きい小さい」「長い短い」「黄色の車はどれ?」など2~3歳で知っておきたいクイズなどがでています。
 
年中ではひらがなの読みとクイズで息子は大はまりしていました。
 
あまりに好きすぎてメルカリで買いなおしたぐらいです。
・・最初はうまく遊べず八つ当たりでボロボロになってしまって。。
 
ベネッセを受講しなくても気になる知育玩具があればメルカリでたくさん出品されています。「しまじろう」「はてなんだくん」「ひらがな」など気になるキーワードで検索すればでてきます。
 
メルカリ
受講者はベネッセで新品の再購入ができればベストなんですけど。。
 
 
ご参考になればうれしいです。

スポンサードリンク
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

わが家では楽しく無理なく成長してほしいと知育玩具をラインナップしました。

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com