心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

発達障害児の習い事探しがツライ

また嫌な思いをしなきゃいけないのかなあと思いながら覚悟を決めて挑んだのに…
 

自閉症スペクトラム長男くんの習い事探し

 
春はチャレンジの季節
去年は通園施設に入園し
その前の年は音楽療法の施設に体験見学して爆死
 
発達障害児の保護者としてビミョウにツライ思いをしてきました。
 
今年通園施設2年目の長男くんのために新しいチャレンジとして運動系の習い事を探したいなあと思い活動中ですが難航してます。。
 

自閉症児の習い事探し!正直に通園施設に通っていることを話すと…

スポーツクラブに目星をつけて早速電話します。
 
春は体験や短期講座がやっている時期。チャンス♪
 
「もしもし。4歳の子供がおりまして体操かスイミングを習わせたいと思っているんですけども。体験か短期講座に申し込みしたいと思いお電話しました。」
 
「そうですか。お子さんは今保育園か幼稚園に行かれているんですか?」
 
「はい。△△というところです。」(通園施設の名を正直に話す)
 
「あーそうですか。。△△ですか。あのーちょっと。あのーちょっと。集団での体験になるんですけども大丈夫そうですかね。」
 
あのーちょっとが多くなった!
 
「はい。今のクラスも10人クラスなので。先生は多いですけど。」
 
「あのー運動とかできそうですかね。」
 
できるよ!
 
「はい。 去年スイミングのクラスがあってとても楽しそうだったので。」
 
「そうですか。体操は今ひとクラス6人なのでね。ちょっとむつかしいんじゃないですか?マンツーマンのところがいいと思うんですけどね。
 
言葉で指示も通りますし、6人なら大丈夫だと思うんですけど…。」
 
「あのお母さん、●●●っていうところ知ってますか?障害を持ったお子さんの運動を見てくれるそうなんですけど。こちらから連絡とってみましょうか?
 
「あのーよく知らないですけど、そこって児童デイじゃないですか?
 
ちょっと私イラっとする。
 
通園施設は障害児施設通所受給証を受けて通う。
 
すでに通園施設に通っている息子は児童デイは併用していくことはできないし、児童デイは受給証を利用しない習い事コースのようなものはやっていない。
 
障害児の親であれば知っているけれどスポーツジムの人は知らない。
よく知りもせず適当なことを言っている。
 
一般の人はそんなことに興味がないのかもしれない。
 
スポーツジムが放課後デイに電話して聞きますか?というぐらい息子がジムに通いたいというのは迷惑なことなのだろうか。
 
被害妄想かもしれないけど一瞬にしてイラッとする。
 
「あのー体験とかってできないですかね。」
 
「そうですか。。じゃあ入れておきますね。」
 
結局なんとかプッシュすることで体験には参加できることになった。
 
これで先生のお眼鏡に叶えばスポーツジムに通うことができるかもしれない。
 
かつて「障害児ですか?障害児はちょっと…。」

と言って断ろうとした一時保育の園長先生が息子の様子を見て通ってもよいと言ったように。
 
それでもモヤモヤする。
 

発達障害をもつ息子の居場所探し

正直に息子が通園施設に通っていることを言わないで嘘をついた方がよかったのだろうか。
 
都会であればハンディキャップコースもあるという。
ここはそんなに選択肢はない。
 
受け入れてくれる姿勢の場所がなければ発達障害児の居場所はないということ。
 
 
私がかつて通園施設に子供を通わせることに抵抗があったように通園施設に対して偏見を持っている人はたくさんいるんだなあと思った。
 
気持ちがモヤモヤしてしばらく子供達の昼寝に付き合って冬眠したら全然寝れなかった。
 
ちょっと泣きそうになっていると長男くんが私の顔見て「大丈夫。大丈夫だから。」と言う。
 
子どもが慰めてくれたのに、どこらへんが大丈夫なんじゃ。お前のせいなんじゃ。とちょっと思ったりする悪い母でした(笑)