心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

ごあいさつ・はてなブログに引っ越しました

こんにちは。エリーです。

半年続けたbloggerよりはてなブログに引っ越ししました。

 
2012年生まれの自閉症スペクトラムの長男くん4歳と次男ちゃん1歳のママです。
子供達と転勤族の夫と私の4人で暮らしています。
 
長男くんが赤ちゃんだったころ、私は初めての育児に悪戦苦闘でした。
  • 極度の偏食で食事をとらない
  • 嫌なことがあると吐くまで泣き続ける
  • 遊びに誘っても話しかけても反応がない
  • いつもゴロゴロしていて動かない

 

赤ちゃんってこうなの?育児にはよくあること?と不安に思いながらも、相談しても大丈夫よと言われる日々。
 
けれど、母子手帳の発達チェックにだんだん丸がつかなくなり、1歳半健診でついに療育を勧められました。
 
その時の私はその意味を知りませんでした。

長男くんに障害が疑われていると知ったのは2歳半で医師に発達検査を勧められた時です。
 
長男くんはどういう状況なんだろう?
自分が長男くんにしてあげられることはあるのだろうか?
 
悩みながら、先輩ママさんのブログや発達障害関連の本を読み、悪戦苦闘しながら長男くんに寄り添い生活をおくってきました。
 
気づいたら、長男くんが変わってきた兆しがありました。
 
今ではおしゃべりも、身の回りのこともできるようになりすごく成長しました。
 
笑顔がいいね~とほめられることもしばしば。
次男ちゃんときゃっきゃっと遊んでいる様子は本当に子どもらしくかわいいです。
 
今は通園施設に毎日楽しく通い、会話や遊びなどできることは広がりをみせています。
 
長男くんの成長には今まで、そしてこれからも支援して下さる方たちの存在があります。
 
長男くんの療育だけでなく、落ち込む私を精神的に支えて下さった市の療育センターの保育士の方達には本当に感謝しています。
 
「ママ変わったよ明るくなったね」
療育センターを卒業する時に保育士の方から言われた言葉です。
 
今まで悩み続けた気持ちに区切りをつけるため、長男くんと今までの日々をブログに書いていきたいと思います。
 
コツコツとEvernoteにメモしていた気持ちや長男くんの成長の様子を書いていきたいと思います。
 
発達障害児は本当に人それぞれ。困りゴトもいろいろです。
 
発達障害の専門家ではないイチ保護者の経験ですが、私と長男くんの話が少しでも参考になるところがあればうれしいです。

登場人物はすべて仮名です。

よろしくお願い致します。

※最近ママ友が増えてきたので身バレを防ぐため名前ではなく長男くん、次男ちゃんと表記を変更しました。