心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

自閉症スペクトラムの長男くん。年中さんになります

あっという間に春休みが終わり、明日から長男くんは年中さん(通園施設)です。


あわててサポートブック用の書類を書いていました。

 
f:id:ellytakayama:20170403195614j:image

内容は

 

  • 家族調査表
  • 生育シート
  • 医療シート
  • 療育シート
  • 家庭での様子のフリー記入調査

 

など盛りだくさんです。

※通園施設のフォーマットで記入しています。


去年の内容を見返すと…

(吐くほどではなくなったけれど)癇癪を起こしたり

私に暴力を振るったりしていると様子が書いてあります。

 

(たたかれるのは辛い)


また、偏食がひどく食べれるもの自体がない。

確実に食べられるのは牛乳だけがだったり


足に触られるのが苦手(感覚の過敏さ)など


いろいろ子育てが大変だった様子が伺えます。


去年の園への取り組んで欲しいと記入したこと

 

  1. 自分で食事や着替え、トイレでの排泄などができるようになってほしい
  2. 他人とのコミュニケーションができるようになって欲しい
  3. 体を動かして丈夫な体になってほしい


ということが書いてあり今の長男くんとはずいぶん様子が違ったんだなぁというのがわかります。

 

以前の長男くんはこだわりがひどくて


自分でご飯も食べられない。


自分で服も脱いだり着たりできない。


トイレトレーニングどころじゃないレベル。


確かに長男くんは通園施設に通うようになりできることがたくさん増えました。


でも、好きな先生やお友達ができたり他の人やおもちゃなど興味が広がったことがとても嬉しいことだったなぁと思います。


家でもひらがなカードを並べて好きな先生やお友だちの名前を作っていたり(笑)


明日から去年と同じクラスですが、 同じお友達は一人だけ。

ほとんど他のクラスからと新しく入園してくるお友達です。

 

通う通園施設は年齢別ではなく目標別、課題別のクラス分けでほとんど年長のお友達と一緒だった長男くん。


みんな優しくて長男くんや次男ちゃんと仲良くしてくれました。


今回は年下のお友だちもできるのでしょうか。

 

新しくクラスでも仲良く楽しくして過ごして欲しいなぁと願っています。

 


通園施設のサポートブックの内容 

家庭健康調査票

本人の名前、住所、生年月日、連絡先、家族構成やかかりつけの病院、薬、今までにかかった病気、怪我、受けた予防接種、その他アレルギーなどの調査です


生育シート

妊娠、分娩の経過、出生体重、出生身長などの記録

首のすわり、四つ這い、歩行開始、言葉の出始め

乳児検診での指摘事項

病名や障害名の診断歴、診断時期診断機関

療育手帳や障害者手帳の有無など


医療サポートシート

PT(理学療法)、OT(作業療法)、ST(言語聴覚療法)などの医療型療育、それを行った支援機関、頻度、開始年齢


保育歴 保育園幼稚園などに通っていた時期その頻度など 

病気の既往歴、医療状況、障害、病名などの診断、それを診断した医療機関、受診科目、主治医の名前、受診状況、頻度、検査、服薬など


療育シート

児童発達支援施設に通っている子にはきめ細かいサポートが必要になります。そのため一般的なサポートブックの内容よりもはるかにきめ細かい記入事項が載っています。


食事であれば使用するもの、利き手、量、偏食、咀嚼、食事形態アレルギーなど


排泄、衣類の着脱

コミュニケーション

相手の伝達方法、本人への伝達方法

行動面のこだわりや拒否行動、癇癪や激しい自傷行為や他害

その他の行動面の問題などきめ細かい内容が設定されています。

 

ご参考まで