心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

子どもの気持ちはどこまで尊重したらいい?発達障害児の習い事探しの結論

前回からの続きです。

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

「やっぱり体力がないので最後の方はちょっと参加出来なかったですね 。」


「人数が今は少ないので通われても大丈夫です。」

 

「人数が増えてきたらきめ細かくフォローするのは難しくなってくるかもしれませんけど。」


と言われました。

 

つまり通うのはオッケー!

後は長男くんの気持ちです。


f:id:ellytakayama:20170413140541j:image
 

子どもの「イヤ」な気持ち。どう受け止めたらいい?


さっそく長男くんに気持ちを聞きます。


「長男くん体操楽しかった?」
「楽しかった。」


楽しかったの!良かったね!


「体操また来る?」
「しない。しないよ。」

 

体操したくないの?

 

ママはがっかり…。未練たらしくもう一度聞きます。


「体操楽しかった?楽しくなかった?」

「楽しかった。」


「体操また来る?来ない?」

「来ない。」


質問の意味は理解できていそう。


できそうな部分が凄く多くて本人は嫌って言うけれど…通わせたらしたら体力もつくし、成長するんじゃないかなって思いました。

 

でも確かに先生に体を触られて指導されるような時は本人嫌がってたんですよね。

 

それは表情を見てわかりました。

 

「長男くん、泣いちゃったの。」


泣くのをがまんしている時があったんですよね。。

 

 

本人の様子から何回か通っていくうちに楽しくなるかもしれない。

 

本人が嫌だって言うのは真に受けて何もやらずにいていいんだろうか…パパに相談することにしました。

 

子どもも親も無理をしない。習い事探しの結論は…


「きょう、長男くん体操教室に行ってきたよ。」

 

「思いの外すごい参加できて頑張ってたよ。」

 

「先生の言うことも分かったみたいでちゃんとみんなお友達のまねしたりやってた。」


「すごいじゃん。」


「でも、長男くんね。ちょっとね行きたくないって言うんだけど。」

「通わせたらいいんじゃないかなと思うんだけどね。。」


「それってどれくらい?」


「週一回ぐらいだよ。」


「そっか。前言ってたやつはどうなったの?」


「 スペシャルオリンピックスね。それは月2回ぐらいらしいよ。」


「あんまり無理せず少ない回数から始めたらいいんじゃない。」


「スペシャルオリンピックスなら日曜だから僕も参加できるしフォローできるけど、次男ちゃんも一緒で体操に付き添いはしんどいんじゃない?」


「うん確かにね。次男ちゃんがチョロチョロするのをずっと抱っこしてたり大変だったわ。」


「それに月謝を支払いして体操したくない行きたくないと長男くんが言ったら、エリーちゃん怒っちゃうんじゃない?」


「間違いなく、イライラするね。きっと腹立つと思う。」


「そりゃ通わせたら体力もつくだろうけど、最初からハードルをあげることもないんじゃない?長男くんもエリーちゃんにとってもさ。」

 

「う~ん。」


「長男くんはずいぶん成長したし。」

「それに無理させるのはちょっとね…。目先のことだけじゃなくて先のこともあるし。」

・・とパパ。


「じゃあ、無理なくできそうなスペシャルオリンピックスで始めてみようか。」


「それでいいんじゃない。」


長男くんのできる素振りに喜んで長男くんの気持ちに反して通わせたいなと思っちゃいました。


でもそれって私のエゴなのかな…。


内心は少しは厳しい環境で頑張ることも必要なんじゃないかなって思ったりしているんです。

 

でも泣きそうな顔だった長男くんに無理強いはできない。


子どもの気持ちはどこまで尊重したらいいんでしょう。


将来長男くんが「学校に行きたくないよ」って言ったら私はどうしたらいいのかなぁなんて今から思ってしまいました。

 

ともかく、体づくりはスペシャルオリンピックスとお散歩や家での遊びでやっていきます。

 

方針を決めたらあとは悩まずにやりたいと思います(笑)

 

 関連記事はこちら

 

www.kenkou-kosodate.com