心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

川崎病で緊急入院しました

先週から熱が続いていた長男くん。

なんと川崎病と診断され緊急入院することに…。

 

 川崎病ってなに?


f:id:ellytakayama:20170425122749j:image

おもに4歳以下の乳幼児に多く見られる原因不明の病気です。


この病気にかかると全身の血管に炎症がおこり、合併症として心臓の血管に冠動脈瘤が発生しやすくなります。


心臓の冠動脈瘤は心筋梗塞や狭心症の原因となるので川崎病の治療の最大の目的は冠動脈瘤を作らないようにすることです。

 

川崎病の主な症状

※同時に現れるのではなく出揃うのに2~5日かかります

 

  1. 発熱が5日以上続く
  2. 両方の白目の部分が赤く充血する
  3. 唇が赤くなったり、舌が赤くぶつぶつする
  4. 体に様々な発疹がでる
  5. 手足が赤く腫れる
  6. 首のリンパ節が腫れる


この6つの症状のうち5つ以上があれば川崎病と診断されます。

 

長男くんの入院までの経緯


1日目

咳、鼻水が続いたので小児科を受診。(当番医でかかりつけではなかった)

薬をもらう。

この時、発熱はなく、夜から38℃以上の熱がでる。


2日目

高熱があるが薬を飲んで様子見。


3日目

2日様子をみても高熱がおさまらずおかしいと思い

かかりつけの小児科を受診。


溶連菌、インフルエンザの検査をされる。

溶連菌 陽性

インフルエンザ 陰性


原因は溶連菌だったのか!

「溶連菌は薬がよく効く。熱は1~2日でおさまる。」

と医師に説明され安心。


4日目

高熱はまったくおさまらず39.7℃まで上がったり落ち着かない。

終日寝ている。食欲はなくカルピス牛乳だけ飲める。

まぁ、幼児は高熱を出すのはよくあることだから。。と様子見。

 

5日目

高熱はおさまらず。

熱で「イタイ、イタイ」と訴えるので熱冷ましの座薬を使う。

体や顔に赤い発疹ができてきた。

医師が言った通りに熱は下がらす悪い兆候が見え他の病気じゃないかと疑う。

(風疹とかを疑ったけれど予防接種をしていれはほぼかかることはないと後で聞いた。)

 

6日目

朝起きると目の充血や唇の荒れが目立つようになっていた。

相変わらず高熱。


かかりつけの小児科で

 

「川崎病です。」と言われ


「紹介状を書くのですぐ○○病院に行ってください。」


「入院することになるかもしれません。」


と言われて移動


「川崎病と診断せざるを得ません」


「すぐ治療します」


ということで入院となりました。

 

川崎病の治療法


川崎病は原因不明の病気ですが治療法はあります。


アスピリン療法

血液を固まりにくくして血栓ができるのを予防し、血管の炎症を抑える薬を飲みます。

 

免疫グロブリン療法

血液製剤である免疫グロブリンを点滴で投与します。
どのように作用するか十分解明されていませんが、現時点で最も効果的な治療法。


医療の世界は解明されていないことがまだまだあるんですね。

 

子どもが川崎病と診断されて


年間10000人以上は川崎病患者はいるそうなのでいわゆる特別な病気ではないんですよね。


それでも辛そうな長男くんの様子を見ると…


本当に長男くんはからだの弱い子で通院や心配の連続でした。

 

今回も川崎病で入院と言われて

「どうして、長男くんばっかりこんな目に…」

 

と一瞬、感情が大きく膨らんだけどすぐに落ち着きました。

 

子どもに障害や病気がある親はたんたんと子どもに起きた現実を受け入れて寄り添うことには慣れている。

 

それしか方法はないわけだし。


あとの感想は

 

また入院か!と。


長男くんは1泊の検査入院など含めると今回で5回目の入院です。もちろん私も一緒です☆

 

まとめ

という訳でブログのコメント、Twitterのいいねやタイムラインはおえない日々が始まりました。


なかなか返信できず申し訳ありません。


入院生活に慣れてきたら入院生活やいつもの話題でブログ、Twitterなどできればと思います。


今も長男くんの昼寝中に書いてます。


よろしくお願い致します☆