心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

入院して後悔いろいろ

もう入院生活5回目になる長男くんとそれに付き添う私。

その割には入院は毎回バタバタ。

 

今回は予定していない入院だからというのもありますが…

 

実際はまた入院しないだろうと思って過去の経験を活かしきれないんですよね(笑)



f:id:ellytakayama:20170427115010j:image

1番の問題!兄弟の世話はどうする!?

入院が決まって最初に思ったのはあれ次男ちゃんどうしたらいいんだっけということ。


小児病棟の病室は兄弟の立ち入りすら禁止です。

 

こういう時の緊急対応として事前に預けられる場所と関係があると便利です。

 

  • 保育園の一時保育
  • ファミリーサポート
  • 児童養護施設のショートステイ

 

※大体の託児施設は事前登録が必要です。

 

保育園の一時保育

1日1800円で8:30~16:30まで8時間預けることができます。

※費用は自治体により異なります


一時保育に一度長男くんを預けたことがあり、事前登録できていました。

 

ただ急にお願いしても1歳児の一時保育の枠はあいてないんですよね。

 

さすがにすぐの日程は無理と言われました。

 

ファミリーサポート制度

子どもを預かってもらえるファミリーサポート制度がうちの市にあります。

基本は支援会員さんの自宅に連れていき預かってもらいます。

支援会員さんは年に1度決められた講習を受けています。


8時間の託児費用

1時間400円×8時間で

3200円+交通費500円=3700円

※交通費は自宅に来てもらう時発生します

※費用は自治体により異なります

 

長男くんの長時間かかる通院などの場合は次男ちゃんをファミサポで預かっていました。

 

入院が決まったのが土曜日なので直接いつもお願いしている二人の方に連絡しました。

 

土曜日だったのでファミサポセンターは繋がらず他の方に依頼するのが難しい…。

 

ただこういう時のために緊急時依頼用の地区リーダーの方の連絡網があるんです。

ところがその連絡網の場所が夫には分からない…。

なんでわからないんだ!書類がある場所はアソコしかないでしょ!!

 

 児童養護施設のショートステイ

緊急時に子どもの託児をお願いできる施設です。

 

小児病棟の掲示板などに情報が掲出されています。

他の施設同様に空きがなければ預けられません。

 

夫は今まで利用したことがない施設に依頼するのは抵抗があったようで依頼しませんでした。

 

結局、お義母さんに連絡して来ていただくことに。

一年ほど前、長男くんのことでお義母さんにブチキレた私ですが、助けていただけました。

 

ホントすいません。

 

お義母さんは次の日から旅行があるのですぐには来られないということ。

 

そこで夫が1日仕事を休み、あと1日はファミリーサポートさんに来ていただき乗り切りました。

 

 

必要なものの場所が夫にはわからない

入院することが決まり夫に必要なものの手配を頼みました。

ところが夫には家の物の場所は分からない。

 

私がきちんと説明しているのに

 

  • 私の半袖の服の場所がわからない
  • 必要な診察券の場所がわからない
  • 母子手帳の場所がわからない

 

とにかくわからないことだらけなんです。

 

豪邸に住んでいる訳じゃないんですよ!

だって3LDKのマンションなんだから一生懸命探せばわかるでしょ!

 

なんでないんだよ!という気持ち満載ですが

普段からどこに何があるということぐらい説明するほうがいいのかもしれません。

 

次男ちゃんのお世話どうなる?

夫は次男ちゃんのお世話を全くしたことがない。

 

長男くんの時には子供を風呂に入れたりするぐらいはしていた夫ですがなぜか次男ちゃんのお世話を全くしたことがありません。

 

お風呂に入れたことも1度もないぐらい…

 

なんとなく長男君は僕の担当。


次男ちゃんはママ。みたいな感じになっていたんでしょうか。。
(そんな話し合いしたことないけど。)

 

ちょっと本当に困っちゃうのが体の手入れをやったことがないこと。

 

さすがに何年も父親をやっているので

 

  • 子どものオムツ変えたり
  • ぐずったらなだめようとしたり
  • 駐車場で走ったら追っかけたり

 

それぐらいはできるようになった夫ですが

 

子どもの体の手入れとかそういえばしたことがない。

 

私が次男ちゃんの出産で入院していた時は

 

  • 長男くんはシャンプーもされず
  • 爪もきられず
  • 歯磨きもされず


日々過ごしていました。

 

いや、ばぁばもいたんですけど当時の長男くんは難しい時期(感覚過敏)で断念したらしい…。

 

長男くんが放置されていたことにかなりショックを受けたのですが(食事や入浴はしていた)


子どもの世話とはなにか、体の手入れはどういうことをするか教えた方がよかったのかもしれません。

 

あぁ、少し教えたっけ…。

 

付き添ってやってもらえばやったけど口頭でお願いするぐらいでは全然やらずなし崩しになったんだっけ…。

 

もう子どもと長期に離れる機会もないだろうと思っていたのでそのまま来てしまいました。

 

ホント油断してました。

 

まとめ

子育ては妻だけの仕事じゃないよ!

 

地域に頼りながら、時には他の家族に助けてもらうこともある…

 

何より子育ては夫婦でするもの!

 

わが家は手遅れだけど皆さんは夫婦で子育てしてくださいね!


備えあれば憂いなし。

日頃の備えが肝心なんですね…。