心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

発達障害の息子のことで姑にブチキレるまで

孫に病気や障害がある祖父母も不安や混乱はあるでしょう。


とはいえ、その気持ちを親にぶちまけると関係が悪くなるかも…。


今回は愚痴とお義母さんにブチキレるまでの道のりです。


f:id:ellytakayama:20170428191249j:image

病名を否定。この子はてんかんなんかじゃありませんよ


長男くんは4ヶ月の時にてんかんのこわばり発作を起こして入院しました。


てんかんは本人の意思とは関係なく脳波が勝手に指示を出し発作が起きます。


体が硬直し転倒して頭を打ったり呼吸ができなくなったり大変な病気です。


長男くんがてんかんと言った時お義母さんは


「長男くんはてんかんじゃなんかじゃありませんよ。」


と言いました。


医師が言ってるのに!


どうしてそんなこと言うんだろう・・。

 

確かにてんかんは大変な病気だし、まれにてんかん患者の起こす事故などニュースで聞きます。


長男くんがてんかんだったらダメなの?


息子の事を否定されているような嫌な気持ちになりました。

 

この子は普通ですよ。男の子だから言葉が遅いだけ

 

長男君は 10ヶ月健診の時から引っかかり(ハイハイできなかった)体の発達に遅れがありました。


男の子は言葉が遅いというのはどこまで本当なんでしょうか。


お義母さんは

 

長男くんは普通ですよ。男の子だから言葉が遅いだけ。」

 

「集団に入れるとよいそうよ。」

 

普通って。。


友達が言ってたというアドバイスを聞いて子ども会に参加するようになりました。


でも周囲での関心が育っていない長男くんには特に良い影響もなかったと思います。


そして私は長男くんの扱いづらい様子に悩みを深めていくだけでした。

 

スポンサードリンク

 

 

パパに診察の付き添いをして欲しいならもっとうまく言わなくちゃね


1歳半健診でも引っかかり理学療法などの体の発達を促すリハビリや療育センターの集団療育にも参加し始めました。


そして私は長男くんの精神発達の受診を勧められました。

 

まったく障害を疑ったことがなかったので。。


本当にショックを受け、日常でも息ぐるしくなるような事が増えました。


心療内科を受診し、不安を鎮める薬も服用するようになります。

 

それでも長男くんを児童精神科の医師に診てもらうのは前向きなことだろうと思い受診を決め、不安だから夫に付き添いを頼みました。


ところが夫は


「多分、行けると思うけど仕事次第では行けないかも。」と


その時の激しい怒りと不信感!


自分の子どものことをどうして私だけに背負わせるのか。


しかも私は精神的に追い詰められているのに…。

 


たまたまお義母さんと電話で話す機会があったので話の際にそのことを言いました。


「自分の子供のことなのに、病院に来れないかもしれないと言ってるんですよ。」


するとお母さんは


「パパがもっとその気になるように上手く言わなくちゃね?」


子どものことで病院に来ようとしない夫よりも夫を乗り気にさせられない私が悪いって!?


本当に姑というのは息子の味方。


この人は夫の味方で私の家族じゃない。

 

そう思いました。

 

まさか自閉症とかじゃないんでしょ


悩んでいた私は実家に帰ったのですが、実家近辺には療育センターも小二かもありません。

 

また夫の元へ帰りそこで児童精神科を受診。


長男くんは自閉症スペクトラムの診断を受けました。


ある程度そうだろうとわかっていたけれど実際に診断を受けるとぎゅっとお腹が痛み涙がこぼれました。


また悩んだのが自分の親に告知しなければいけないこと。


診察を受けるということは言ってあるし

心配しているだろうから伝えなきゃいけないけどつらかったです。


私の母はシングルで苦労して私を育てて、自分の孫に障害があるなんて本当に言いたくない。

 

母に心配をかけたくない…そういう気持ちでした。


お義母さんに対しては私はそんな話したくもない。


そこで夫にはお義母さんに話するように頼んだんです。

 

ところがお義母さんがまた家に遊びに来た時に


「長男くんまさか自閉症とかじゃないんでしょ!」


と言ったんです!


まさかのピンポイント攻撃!


長男くんはそのまさかの自閉症スペクトラムですよ!


まさか…夫はお義母さんに言ってなかったの?


言いたくないのかもしれなかったけど家に遊びに来るんだったら言うべきでしょ。


妻に負担かけて何やってんだか(怒)


何も言わないわけにいかないので


「長男くんは自閉症なんですよね。」


「以前は反応のない子だったけど、療育に通ってできることも増えたし、周囲に興味を持つようになったんです。」


「長男くんも頑張って成長しているんです。」


「だからそれを見守っていくのが私達のできることなんじゃないかなと思ってます。」


するとお義母さんも


「そうね。そうだよね。」


と泣きながら言っていました。


とりあえず私から伝えたけど。


夫に


「お義母さんに長男くん自閉症スペクトラムだって言ったよ。」と言うと

 

「そっか…ありがと。」って


ありがと。じゃないっつーの(怒)

 

スポンサードリンク

 

 

 どうしても障害児通園施設じゃなきゃダメなの?


自分の子どもを障害児通園施設に通わせることが決まった時、私は複雑な気持ちを持っていました。


年少から通園施設に通える幸運と


障害児の施設に通わせることのモヤモヤ…


長男くんのためによい進路だと考えて決断したはずなのに。。


そして長男くんの年少の進路の話になった時、姑が


「どうしても障害児通園施設でなきゃダメなの」と泣きながら言うんです。


そんなこと言われても困る…。

 

なんか言わなきゃいけない。


私なりにちょっと考えながら言いました。


「○○はとても素敵な園で通ったらきっと楽しいし長男くんも成長できると思うんです。」


「先生方も優しくて子供たちのこと勉強してくれています。」

 

「○○に通うことで驚くぐらいに子ども達が成長したって療育センターの先生も言っていました。」

 

「パパも一緒に見学に行って、通うことに賛成です。」

 

「障害児通園施設に長男くんを通わせることには私も色々思うことがありましたけど…。」

 

「長男くんのために一番いい進路を選んだつもりです。」


と言うと


お義母さんは


「そう。そうなのね。長男くんのためになることが一番大事だもんね。」


と涙を流しながら言ってました。


振り返れば…


話せば納得するところはあるお義母さんだと思うんですよ。

 

長男くんのために発達障害のことを調べてくれたんだと思います。


でも私にとってはものすごいストレスだったんですよね。

 

 

孫に障害があると疎遠になる?


長男くんが自閉症スペクトラムと伝えてからなんとなくお義母さんと疎遠になったような時期もありました。


実の母とお義母さんと分け隔てしたくないと思っていたし


写真やメールも両方のばぁばに同じだけ送っていてもお義母さんはもっともっと欲しいとグイグイ来ていたけど


長男くんが自閉症スペクトラムと知ってからはそういう要望もなくなりました。


それは仕方ないことかな…と思っていました。


私の親でもないし(笑)

 

まとめ。人間関係は変わっていくものだから

 

しばらく疎遠になった後


お義母さんはまた家に遊びに来たりするようになりました。


自閉症スペクトラムの長男くんのことをお義母さんなりに受け入れようと努力していたのかもしれません。


今回、お義母さんは入院している私のために差し入れお弁当を作ってくれました。


お義母さんも嫁の私に対して全く思いやる気持ちがないわけではないと思うんですよね。

 


ブチキレた事に関しては全く後悔はしておりません(笑)

 

むしろ原因があるから結果がある。ぐらいに思っています(笑)

 

人間関係っていうのは悪い時もあれば良い時もあるだろうし、お互いにその気があれば新しく関係を築くことはできると思います。


お義母さんは理知的で冷静な人なので過去にとらわれず関係を築こうとしてるのかもしれません。

 

お義母さんが来て次男ちゃんのお世話してくれています。いや本当に感謝です。


前回、遊びに来た時は次男ちゃんが泣くので


「今度来るときは泣かないよう言っておいてちょうだいね!」


とヒスババァ発言していましたが、やっぱり泣かれているみたい(笑)


頑張れお義母さん!次男ちゃんのこと、よろしくお願い致します。

 

関連記事はコチラ

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com