NHK「発達障害~解明される未知の世界」の感想です。



生放送ということでどんな番組構成になるのかなと思っていました。



NHKに寄せられたメール、faxは5500件!



NHKの「発達障害プロジェクト」の投稿数は十数件ぐらいしかなかったので盛り上がっていないと思っていました(笑)



f:id:ellytakayama:20170523134032j:image


発達障害~解明される未知の世界の内容



番組では



発達障害者の見え方、聞こえ方の困難さの紹介



社会で暮らす成人の発達障害の方の意見



外国の企業の発達障害者に向けた取り組み



日本で働く発達障害(自閉症スペクトラム)の方の取材など



幅広く取り上げていました。


 


発達障害者の感覚過敏



感覚過敏の中で視覚過敏と聴覚過敏を取り上げて



アニメーションで発達障害当事者の物の見え方、聞こえ方を表現していたのはなるほどわかりやすいなーと思いました。



この感覚の過敏さについては本当に人それぞれで



視覚過敏の方もいれば聴覚過敏の方もいて



触覚過敏の方もいれば嗅覚の過敏さ



あるいは鈍感さなどもあります。



放送に対する要望として



発達障害の当事者には様々な感覚の過敏さがあります。



今回は視覚過敏、聴覚過敏について取り上げました。



と言った前置の説明があるともっと良かったと思います。



今回の放送だけ見た方はそれがすべてと勘違いしてしまうかもしれません。


 


他にも個人的に気になったの話題は


「発達障害者の二次障害」「発達障害者の就労」です。


 


発達障害をとりまく二次障害



放送で驚いたのがイギリスの情報でASD(自閉症スペクトラム) の最大70%が鬱になっているというもの。



私も吃音について調べた時に吃音症の方の約40%が社会不安障害であると知り非常に驚きました。



不安や心配が多く社会に受け入れられている実感がないと自分を責めて精神的な疾患になる可能性が高くなるのかもしれません。



発達障害の人たちは生活環境から受ける心理的なストレスによって二次的な問題がおきやすいと言われています。


 



  • いじめ被害

  • 不登校

  • ひきこもり

  • チック

  • うつ

  • 適応障害

  • 不安

  • 強迫性障害



など


 


子どもに二次障害を起こさせないために



自閉症スペクトラムの長男くんは今4歳。まだまだ小さい世界です。



その小さい息子の世界の中でどうやって関わったらいいか、見守ったらよいか。



子どもに無理をさせない。



子どもの意思を尊重する。



といった考えは大事だと思います。



でも、今のままの長男くんを受け入れすぎると成長のチャンスを奪うことになるかもしれない。。



だから…息子の興味を広げるために環境を整えたり



一緒に遊んだりお勉強をしています。



上手くできれば本人も「マル」「できた」でうれしい。



上手くできなくて怒るときもあります。



無理はさせたくない。


無理をさせないために何もやらせないのも違和感がある。



悩ましいですが、長男くんの様子を見ながらちょいちょい差し込んでいます(笑)



ちょっとぐらい不安でもやってみよう!と思えるぐらい、好きなことを見つけて欲しいです。



(ゲームはもう好きなので、それ以外で)


 


ASD(自閉症スペクトラム)の方の就職



自閉症の方の就労の取材で



上司に植物の水やりをするように言われ床が水浸しになるまで水をやっていた…というエピソードが放送されていました。


 


この様子に発達障害者を職場でどう受け入れたら良いのか試行錯誤する現実が透けて見えたように思いました。



コミュニケーションが不得手な自閉症の方を受け入れる職場の心構えはある。



でも実際にはどんな仕事を任せたらよいかわからない。



自閉症の方が職場での役目を務めていく為のコミュニケーションのコツ、適性のある仕事の割り振りは試行錯誤している段階だと感じました。


 


2018年から発達障害の方も障害者雇用の対象になります。



企業の障害者法定雇用率の遵守もあるなかで企業に発達障害者が活躍できるような雇用のノウハウがまだないのかなと感じました。


 


発達障害者に対する各国の取り組みの紹介



ネットでも見たことがありましたがイギリスで感覚過敏の方が買い物できるように quiet day を実施している店舗の紹介がありました。



視覚過敏の方が眩しいあかりだとテンポに入れないので明かりを暗くし買い物しやすくするようにという取り組みです。



またアメリカではIT企業で自閉症の人材登用の話題。



自閉症のこだわりが仕事に生きるというものです。



いずれにしても日本国内の企業ではなく外国の取り組みであることが残念です。


 


まとめ・NHK発達障害プロジェクトについて



NHKは1年を通じて発達障害の情報を発信していくようです。



今回の「発達障害~解明される未知の世界」だけですべてを網羅するわけではないでしょう。



一年かけて発達障害について放送していく大きなプロジェクトなので意見・要望はどんどんNHK「発達障害プロジェクト」に投稿すると良いですね☆



私も気が向いたら投稿もしようかなーと思っています。