心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

発達がゆっくりな次男。1歳半健診で言われたこと

次男ちゃんの1歳半健診に行ってきました。


長男くんが自閉症スペクトラムと診断を受けてから2週間後に次男ちゃんは産まれました。

 

長男くんと同じく自閉症スペクトラムだったらどうしよう?という気持ちはありました。


実際、長男が通っている通園施設でも兄弟で通っている子が何人もいます。


f:id:ellytakayama:20170606141016j:image

1歳半健診の様子


長男くんの時は母子手帳の保護者の記録欄は

 

  • 言葉を話しますか
  • コップを持って水を飲めますかなど
  • 後ろからよんだとき振り向きますかなど


できないことがいくつかありました


次男ちゃんは

「ママブーブーなど意味のある言葉をいくつか話しますか」ができませんでした。


保健婦さんの様子チェックでは

 

  • 積み木つ→4個積める
  • 型はめ→できた
  • クレヨンでの殴り書き→できた
  • コップに 鈴を入れる→できる
  • イラストの犬を指差す→できない


でした。


長男くんの時は全て出来ず異常を感じた私はその時涙ぐんでいたのですが次男ちゃんのできなさそうなことはわかっていました。


普段から図鑑をめくったりその時に指差しでワンワンだねと言ったりはしても次男ちゃんには関心はなさそうでした。


小児科医の先生から発達がちょっとゆっくりめだから半年後に2歳健診を受けて下さいと言われました。

 

最近は自閉症の本では飽き足らず保育や幼児教育の方なども読んでいるので 次男ちゃんの発達が遅いということはわかっていました。


分かっていても切ない気持ちにはなる…


それでも次男ちゃんは私にたくさんの幸せをくれました。

 

自閉症スペクトラムの長男の育児に苦しんで


今思うと長男くんは本当に典型的な自閉症で2歳半ぐらいまでは周囲に全く関心を示さなかったと思います。


赤ちゃん時代から私のことを見たり私に甘えてよってきたことは一切ありませんでした。(次男ちゃんが産まれてからこのことに気づきました。)


ただお気に入りの毛布を抱きしめてゴロゴロしているだけ。


偏食もひどく食事の度に癇癪、牛乳しか飲めない日もありました。


肌の過敏さもひどくシャンプーや口回りを拭いたり身の回りの世話でも癇癪。


そして気に入らないことがあると激しく癇癪をおこして泣き叫びゲロを吐きます。


そんな長男くんの事を可愛いと思う余裕などありませんでした。


私が産んだ子だからなんとか世話をしなくちゃいけない。責任があるんだから…


親としての義務感だけで長男くんを育てていました。

 

でも次男ちゃんは長男くんとちょっと違いました。

 

次男から愛情をもらった


赤ちゃんのころから私の顔を見て、機嫌がよいと声を出してう~う~おしゃべりするし、私のことを探してくれる。

 

私がそばにいないことに気づくと泣いて私を呼ぶし、ずりずりして甘えにくる。本当にお利口でかわいい。

 

長男くんが通園施設にいっている間に次男ちゃんとイチャイチャ。


本当に次男ちゃんの可愛らしさには助けられてきました。


長男くんを育ててる時には知らなかった赤ちゃんの可愛らしさ、親として頼られるよろこび。


それでも次男ちゃんが自閉症スペクトラムだったらどうしようという心配がありました。夜眠れないときもありました。


次男ちゃんの発達が心配でモンモンとして。。


でも今まで次男ちゃんにたくさんの愛情をもらいました。

たくさんの幸せをもらったからこれからも大丈夫。


心配して絶望することもなくこれからも子育てしていける。


とりあえず出張中の夫にも1歳半健診の結果を知らせようと思います。


夫のことだから「絶対、次男ちゃんは大丈夫。」と言うと思うけど。長男くんのことも「長男くんは大丈夫。」と言ってきた人だから。


夫のことずぼらな人と思ってたけど前向きな人でよかったなぁと今は思います。

 

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com