心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

2歳でしゃべらない次男ちゃんが発達相談で言われたこと

長男くん、次男ちゃんと一緒に保健センターの発達相談に行ってきました。

 

2歳になってもまだ意味のある単語が出てこない次男ちゃん。

 

1歳半健診では保健婦さんとのやり取りはある程度できましたが、指差しや意味のある言葉を喋らないことで2歳まで様子を見ましょうということになっていました。

 

でもそのタイミングで転勤してしまったんですよね。

f:id:ellytakayama:20170610190130j:plain

覚悟していてもダメージあり




要注意の子どもは自治体間で引継ぎされている?

 

前いた自治体では困りごとのある子どもには見守りとして担当の保健婦さんがついてくれていました。

 

定期的に母親に連絡して話を聞いてくれたり、長男くんが通っている児童発達支援センターに様子を見に行ってくれたりしていました。

 

実は今回の転勤で保健婦さん同士での引き継ぎも行われており

新しい区の保健婦さんが連絡をくれ、次男ちゃんの発達相談の機会をもうけてくれました。

 

2歳になったばかりの次男ちゃんが発達相談で言われたこと

 

そこで臨床心理士さんや担当の保健婦さんと一緒に次男ちゃんの様子を見させてくださいということになりました。

 

そこで臨床心理士さんに言われたことは

 

言葉が話せなくても周囲の大人が言ってることが理解できているようであれば心配はしません。

 

ただ次男ちゃんはちょっと離れた場所の「ティッシュちょうだい。」とか言うことが理解できていなかったりします。

 

指差しがしなかったり、意味のある言葉が話せなかったりということですが、定型発達の2歳の子はもうに2語文(ごはん たべる)ぐらいのことは話せるようになっています。

 

次男ちゃんなりに成長してきていると思いますが

やはり定型発達の子と差がありますのでそれを縮められるように療育に通った方が良いと思います。



医療機関に紹介状を書きますので先生にどんな療育が良いのか。

 

作業療法、言語聴覚療法。

それとも集団療育?などありますから先生に相談に乗ってもらいオーダーしてもらってください。

 

ということになりました。

 

発達障害の子が医療機関にかかるまでの待ち時間は相変わらず長い

 

あと、臨床心理士には私のこっちに来てからの不満をたくさん聞いてもらいました。

 

やはりどこの医療機関にかかるかというのは長ければ1年待ったりすることもあるし・・

 

障害児通所支援受給者証を取るために役所や医療機関やその他の場所を3往復ぐらいするというのもよく聞く話だそうなんです。

 

ということなので私が陥っている状況もよくあることなのかもしれません。

 

長男くんはこっちに来て結局、紹介状をもらった児童精神科の予約の電話待ちであったり

(紹介状があっても新規扱い。新規の電話予約は3か月後。実際にはいれるのはさらに先らしい。)

 

作業療法も言語聴覚療法もどこで受けれるかも決まっていません。

 

この3週間、子ども達のために出かけたわりにいろいろ決まっておらず疲れきっています。

 

まさに疲労困憊です。

 

本当、発達障害児の子育てって大変…という気分になっています。

 

スポンサードリンク