児童精神科の予約(発達外来)を求めてジプシーのようにさまよっていました…。


主治医が決まったのは本当にうれしい出来事でした。


 


転勤に伴い、以前住んでいた自治体の療育センターの診療所(小児科、児童精神科)から転居先の自治体の療育センターに紹介状を書いてもらったんですよね。



紹介先は障害者・障害児をサポートする通園、入居施設があつまった総合センターでした。


f:id:ellytakayama:20170728191230j:plain



 


総合発達支援センターでの外来


 


小児科


小児科を受診し作業療法は適性があると言われました。


(つまり受けたほうが良い。また受けられる本人の状態ということ)


 


だけど、医療ケア児の子もいるから鼻水でもキャンセルしなければならない・・とのことだったので他を当たることにしました。


(納得できる理由だけれど乳幼児連れでは冬場はほぼ通えない条件なので。)


 


粗大運動は獲得できているので理学療法は卒業でよいだろうと言われました。(この判断はのちにちゃぶ台返しがあります・・。)


 


児童精神科

このセンターの児童精神科は構音障害の訓練ができる言語聴覚士がいないとのことで(長男くんはいまいち活舌が悪い時があります。)


結局他の児童精神科への紹介状を書いてもらいました・・。


 


ただし、予約は4ヶ月後の予約受付日に電話してね~。電話はつながりづらいと思います☆


 


という具合で紹介状の優先受付などはありません・・。


 


紹介された児童精神科は大学病院で発達外来を担当していた先生が独立開業されたとのことで発達外来の新規受付ではうちの自治体ではかなり早いほう。


 


次男ちゃんの発達相談で臨床心理士の先生に児童精神科やリハビリに関してはお母さんも腹をくくってくださいね☆と言われましたが・・


 


児童精神科の主治医探しにちょっと絶望していました。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


児童精神科医と話したからって長男くんの成長がどうにかなるわけじゃありません。


(アドバイスいただいたり見守っていただくのも有難いことですけど。すいません)


 


私が心配していたのはPT(理学療法)、OT(作業療法)、ST(言語聴覚療法)などのリハビリです。


 


理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士は医療職なので病院などに所属し、医師の指示のもとでリハビリを行います。



つまり主治医が決まらないと長男くんが今まで受けてきたPT(理学療法)、OT(作業療法)、ST(言語聴覚療法)が受けられなくなる・・ということなんです。


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


かつて長男くんを通わせていた児童デイを運営する福祉グループでも発達クリニックがありOT、STをやってもらっえたらと思ったらそこも全然空きがないと断られました。


 


まぁ、いいんです。。


 


私はその福祉グループに不信感があって児童デイをやめさせたわけですから。


 


www.kenkou-kosodate.com


 


 


長男くんを通わせていた児童デイの福祉グループに不信感を持ったわけ


 


「ありのままの子どもを受け入れる」=子どもに指導をしない


 


という昔ながらの関わりで長男くんを通わせるのは悪影響かな・・と思っていました。





もっとも不信感の理由はそれだけではなくて





その福祉グループの発達クリニックの先生は忙しく診療も親子教室などの前の2~3分ほどで子供の様子をヒアリングしていくだけ。


 


それもあんまり私は好ましく思わなかったんです。





診療明細書にも記載されていますが


通所の精神療法(つまり発達障害児の診療)の単位は30分以下680点、それ以上780点とつまり30分を最低基準としているんですよね。


 


※1点は10円です。


 


2~3分子どもの様子をヒアリングして30分の診療単位分を請求したら大儲けですよ!!


 


まぁ・・


確かにやむをえない部分はあるのかもしれません。


 


他のちゃんとやっている児童精神科は初診の予約は1年待ちなんです。


 


だってその児童デイの診療は予約2週間待ちぐらいで受けられるわけですから(笑)


 


誰でもすぐ受け入れるには時間を短くしてこなしていくしかないですよね。。


(ぜんぜんいいとは思っていませんが)


 


うちの自治体では児童精神科医を中心としたネットワークを構築し、心の悩みや発達障害のサポートをしていこう!という取り組みがあるのですがその基盤となる児童精神科はどこも1年待ちなんですよ!


 


なんじゃそりゃ!


 


 


www.kenkou-kosodate.com


 


スポンサードリンク


 




 



児童精神科医の予約を取るチャンス!



なのでたまたま紹介された児童精神科のホームページをチェックしたのはすごい偶然でした。

紹介されたけれど駅から中途半端に距離が遠くタクシーでいったらいくらか調べたくてサイトを見ていたんですよね。

すると臨時の新患募集が!

おおおお!


 


興奮と不安が入り混じった妙なテンションに!


 


その日は朝早く目覚めました・・。



10時ぴったりよりは数秒だけ前の方がいいんじゃないかなと思って電話をかけたら繋がっただけど・・受付担当の人じゃない!?



「私フライングしちゃいましたか?どうしよう。」と言うと





「大丈夫です。でもヒヤリングするのはSTなのでちょっと10分ぐらい後にかけてもらってもいいですか。」とのこと。

そして10分ぐらい後にかけるともう電話が繋がらなかった・・。


 


10時28分頃電話が繋がるすると「もう予約はいっぱいに・・。」

「キャンセル待ちでもいいですか?」


 


と言われ名乗ると


 


「さっき電話くださった〇〇さんですよね。大丈夫ですよ枠をとってありましたから。」


 


と言われて


 


あぁぁ。うれしい!!


 


本当、転勤してから通院、児童デイの付き添い、見学やら本当に疲れていたけどこれで少しだけ肩の荷が下りた。



何かもう今日のノルマはおしまい☆


 


私めっちゃ頑張ったよ!本当に頑張ったよ!


 


児童精神科の予約が取れただけで幸福感につつまれました。。


 


そしてその後次男ちゃんと公園に遊びに行って次男ちゃんがめっちゃ走り回っていたのでやっぱり多動なんじゃないかなと思いました。。


 


www.kenkou-kosodate.com