心配性ママの発達障害児育児☆

4歳の自閉症スペクトラム長男くんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

障害児の通園施設に抵抗があった私の気持ちが変わったときの話

ちょっと前まで Twitter 上でダウン症のお子さんを小学校の普通学級に入れることの是非が話題でした。

 

お子さんを普通学級に入れることに対してチャレンジだと賞賛する人もいれば虐待だと非難するコメントもありました。

 

個人的にはよその家庭の教育方針や進路に口を出さないことは重要なマナーだと考えていますがSNSはその辺りの距離感が独特ですね。

 

f:id:ellytakayama:20170627074443j:plain


 

障害児の進路選びに悩みはつきもの?

 

長男くんが以前通っていた通園施設でも就学相談で支援校相当で支援級にお子さんを入園させたお母さんもいます。

 

周りのお母さん達は何も言いませんでしたが先生方は支援校の方が〇〇くんのためになるんじゃないかというのお話はされていたようです。

ただ最終的には保護者の方の気持ちを受け止めていたようでした。

 

早期療育つまり発達障害児の通う通園施設、児童デイサービスなどを利用しているご家庭では自分の子供がいわゆるマイノリティとしてのルートを選ぶことに対してある程度気持ちの準備はできていると思います。

 

そして、グレーゾーンンや保育園や幼稚園の中で加配をつけてもらいながら過ごしてきたご家庭に関しては今までと違うルートに行くことへの不安、自分の経験していない環境への見通しのなさがあると思います。



でも、早期療育に通っている家庭も最初から障害児コースだったわけではありません。

 

不安や悩み、消化できない気持ちを抱えながら子どものために通園施設や児童デイに飛び込む決断をした訳です。

 

スポンサードリンク

 

 

私が長男くんを年少で通園施設に入れたわけ


私が長男くんを通園施設に入園させたのは療育センターの保育士や理学療法士の先生に強く勧められたからです。

 

経緯はこちら

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

その時すでに〇〇は応募を締め切っていました。

先生方は私が申し込みをするのであれば福祉課に受け付けてもらえるよう根回しをした上で私に話をしてくれたのです。

 

正直、先生方の勢いに飲まれて

「先生方がそう言ってくれてるなら、申し込もうと思います。」

と言ったのですが

 

正直心の中はモヤモヤしていました。

 

療育センターでの療育を受け始めて半年半年が過ぎたぐらいから長男君は周囲への関心を少しずつ示すようになりました。

 

通い始めた当初はあの頃の長男くん、全く反応なかったね。と卒園時にママ友に言われたり(笑)

 

一時保育に週3回通うようになり

 

みるみる成長の兆しが見えるようになったからです。

 

このまま療育センターの週2回の通園と週3回の一時保育じゃダメなのかな。

 

どうして先生方は長男くんに通園施設を勧めたんだろう?

 

やっぱり障害児としての特性が強いってことかな?

 

悶々と悩んで。

あぁ、このままじゃいけない・・。

先生方にどうして長男くんに通園施設が良いと思ったのか理由を聞かなくちゃ・・と思っていました。



やっぱり息子のために通園施設を選んで良かったんだ

 

そんな時一時保育で長男くんのこんな様子を見たんです。

 

コミュニケーションがうまくとれない

 

元気なお友達が長男くんにドンとぶつかりました。

 

長男くんは「いたいよ。」 と言ったのですが声が小さいしお友達は取り合わずそのまま向こうに行ってしまいました。

 

長男くんは「いたいよ。」と言って泣きながらそのままうずくまっていました。

 

気持ちが伝わらなかったその姿はちょっと悲しくて悔しそうに見えました。



気持ちの切り替えができない

 

集団生活から離脱することもあった長男くん。

 

床でごろごろ寝ている長男くんをお友達が遊びに誘います。

 

繰り返し声をかけてさそっても反応しないので3人のお友達は強硬手段(!)で長男くんの手・足をもち引きずって連れて行こうとします(笑)

 

すると長男くんは大泣き。お友達は慌ててパーっと向こうに去っていきました。



やっぱり・・。

 

元気一杯の定型発達の子どもの世界で長男くんはついていけないんじゃないかな・・。

 

確かに保育園で長男くんは自分で歩くようになったり、身辺自立が進んだりとても成長した。

 

でも、長男くんの為には・・

 

長男くんのことをよく見て関わってくれて成長を見守ってくれる・・そんな環境がいいんじゃないかなと思えたのです。

 

後日、通園施設を勧めてくれた先生にドキドキしながら

 

「どうして長男くんに通園施設がよいのでしょうか?」

と聞くと

 

「あそこなら長男くんに合わせてくれます。」

 

「長男くんの様子に合わせた無理のない関わりで長男くんを伸ばしてくれるでしょう。」

 

と言ってくれ、私は安心できました。



障害児の進路は何が良い選択かなんてわからない

 

障害児を授かったからと言って親がすべてを抱えこみ背負って判断するのはしんどすぎます。

 

長男くんや私を支えてくれる出会いがあり、

良い選択をしたと思っているけれど、

それは単に私が納得できているからでしょう。

 

子どものために良い選択をしたいと思うけれど・・何が良い選択かなんてわからない。

 

私も就学にあたり見学して支援級がヤバそうだったら普通級のほうがまだよいかな?とかきっと考えると思います(笑)

 

(引っ越ししてから、合わない児童デイより幼稚園を選んだので。。)



子どもの進路は私と夫で決めることだと思うけれどきっと悩むでしょう!

 

そしてわが家と同じように就学で悩めるだろうご家庭にも納得できる選択をしてほしいと思っています。

 

 

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com