心配性ママの発達障害児育児☆

5歳の自閉症スペクトラム長男くんと2歳のグレー次男ちゃんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

偏食がひどい2歳の子どもへの食事の考え方

長男くんは偏食がひどく、あまりに食べられなくて1歳過ぎで体重曲線は下に飛び出てしまうほどでした。

 

この子生きていけるの?・・と心配だったし、体重を測るのが怖くて仕方ありませんでした。

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

今でも体重曲線は下限のままだけれど偏食自体はさほどなくなり私が作るものや給食などは嫌いなトマト系や生野菜以外は普通に食べています。

 

そして、長男くんが偏食じゃなくなったと思ったら今度は次男ちゃんが偏食で本当に大変です。

 

一難去ってまた一難という感じ。

f:id:ellytakayama:20170405130004j:plain

 

偏食がひどい2歳児にはどう対応したらいい

次男ちゃんは偏食で小食です。体重曲線のぎりぎり下のほうです。

 

まったく固形物が食べられなかった時期があった長男くんに比べるとまだましなので、ツイッターの子どもの偏食ハッシュタグを見ることができるぐらいは冷静かな・・。

 #食べない子をお持ちの皆様うちの子のメニューを聞いて気を楽にしてください 

 

 

偏食がひどい子どもの食事は子どもに合わせてあげることが大事

 

まずは食べられるメニュー優先でいいと思います。

 

ある程度大きくなってコミュニケーションも広がってきたらお母さんの言うこと聞いて頑張って一口食べてみようかなとか駆け引きができるようになってきます。

 

でも小さいうちはとにかくイヤーとかダメとかもう理屈は全く通用しないと思います(笑)

 

食べられるメニュー(食材)があればそれを中心に繰り返して栄養をとるようにします。

 

甘やかしたらそれが定着してしまうと心配するかもしれませんがそんなことはありません。

 

目先の栄養バランスを気にしすぎない

 

栄養バランスを整えた食事を食べて欲しいと思っても小さい子が嫌いと思ったら結局食べません。

 

目先の栄養バランスを気にするよりもまずは子供が食べられるものをあげましょう。

栄養バランスがでこぼこしていても食べられた方が間違いなく良いと思います。

 

我が家でも栄養バランスをまったく気にしていないわけではありません。

熱量(カロリー)とたんぱく質は気にしています。

 

体を動かし、成長させるためのカロリーと体をつくるたんぱく質は欠かせません。

(長男くんの指導医もタンパク質は大事!と言うので。)

「鉄」なども肉類、卵に含まれています。

 

子ども(幼児)に必要なカロリーはどれぐらい?

 

1~2歳の子供(男の子)は必要摂取カロリーが950キロカロリー たんぱく質が15g

3~5歳の子供(男の子)は必要摂取カロリーが1300キロカロリー タンパク質は20g

 

30代女性(運動負荷軽度)の必要摂取カロリーが1750キロカロリーです。

幼児は意外に食べなくてはいけません。

 

やっぱり現状維持とこれからどんどん体が大きくなるこの違いですね…。

 

次男ちゃんは偏食がひどいのですがたらこおにぎりはなぜか食べられます。

 

なので牛丼や豚丼など最初に食べさせて数口で飽きたら(笑)たらこおにぎりを追加しています。

 

児童デイに持たせるお弁当は毎食たらこおにぎり入りです。

 

毎回たらこおにぎりたったら塩分が多くて心配じゃない?と思うかもしれません。

 

でも食べられないお弁当より食べられるほうがよいと割り切った考えです。

 

ほうれん草、ブロッコリーなどの緑色の野菜も全く食べない子ですがバナナやリンゴなどのフルーツが口できるのであればまあ良しとしています。

 

カレーライスが食べられるのなら炭水化物や玉ねぎ、人参、じゃがいもなどの 野菜+豚肉などのタンパク質を摂ることができます。

 

偏食でも栄養がとれるなら悲観しなくてよいと思います。

 

小食でも体重曲線の上限と下限の範囲の中で推移しているのならとりあえずは大丈夫だと思います。

 

あくまで個人的な考えですけどね。。

 

子どもの偏食で悩みすぎないよう生活を送っていきたいですね・・。

 

スポンサードリンク