長男くんも年中の修業式が終わり4月から年長さんになるのを楽しみにしています。


 


大好きなしまじろうでも「年長さんあこがれちゃう」「年長さんになったらなにしよう?」なんて年長さんになるのを煽っているんですよね(笑)


 


障害児の通う通園施設から幼稚園に転園して長男くんも不安であったとは思うんですけど、先生方の理解や配慮、お友達の助けもあって振り返ると幼稚園生活はそれなりに過ごしていたと思います。


 


「ようちえん、すき!」と言ってくれるのでママはほっとしてます。


 



 


不安や心配だらけ!?発達障害児の幼稚園生活


 


幼稚園の入園活動、長男が入園して保護者の私は不安や心配がいっぱいだったのですが、その不安の原因というのが今までの経験やネガティブな情報(ブログとか)にあるんですよね。


 


私は幼稚園探しや園生活で嫌な言葉をかけられたり相手にされなかったりしたことはありません。


 


でも、自分が経験したことではなくても


 


「願書すら受け取りしてもらえなかった。」


 


「 面接の場でひどい言葉をかけられた。」


 


「入園したけれど退園させられた。」


 


など発達障害の子供を持つ親が不安になるようなネガティブな情報が目につくとまだ何も起こっていなくとも・・


 


不安や心配になるじゃないですか!


 


保護者が辛くない、発達障害の子に合う幼稚園探しのために


 


発達障害の子ども向けの幼稚園選び記事を書こうと思ったきっかけがありまして・・


 


最近、私が読んで衝撃を受けたのがモンズースーさんの「生きづらいと思ったら親子で発達障害でした入園編」です。


 



 


ざっとあらすじを書くと


 


発達グレーの長男くんが特別支援学校の幼稚園(支援型幼稚園?)に入園する。


 


ここに入園させてよかったのかお母さんが悩む。


 


いわゆる普通の幼稚園に転園しようと活動する。


 


行政の窓口はつれなく幼稚園に面接に行っても願書も受け取ってもらえない・・。


 


 やっと入園できる幼稚園が見つかった☆


 


これからも大変かもしれないけど、私たち乗り越えていきます…


 


みたいな雰囲気で終わるのです。(まだ続くんだ。。)


※意訳です。


 


私も保育園探しで「障害児?障害児はちょっと・・。」と言われてフリーズしたことがありますが、それでもこんな書き方されたらショックを受けちゃう!!


 


www.kenkou-kosodate.com


 


モンズースーさんが実際にあった出来事を書いているのでしょうが、今、子どもの発達で悩むお母さん達に役立つような情報はあまりなく不安を煽るような内容がほとんどなのが印象的でした。


 


※前作もそうでしたけど。





そこで、息子に幼稚園探しや幼稚園生活を振り返って


 


どう幼稚園探しをしたら子どもの発達を心配している保護者が傷つかないか。


 


子どもが楽しくすごせる幼稚園を選べるか?


 


考えてみたので記事にしてみました。





発達障害児を受け入れる気持ちがある幼稚園を選ぶことが大前提


 


幼稚園を見学に行くと園によってずいぶん違ってびっくりします。


 


幼稚園も文部科学省の幼稚園教育要領に従って運営されるわけですがこんなにいろいろあるんだ~というぐらい方針がたくさんあるんです!


 



  • 「体を鍛えさせたい!どろんこ保育」

  • 「のびのびと育てたい!遊び中心」

  • 「モンテッソーリ教育(異年齢混合)」

  • 「お勉強中心の園」

  • 「異年齢混合保育(縦割りクラス)」

  • 「体操&音楽教育」


 


などなど。


 


自分の子どもを通わせたい!と保護者が感じた園に通わせてあげたい。





でも、自分の子どもが


 


「発達障害」


「成長がゆっくり」


「発達障害グレーゾーンかも」


「ことばが少ない」


「あまりしゃべらない」


「落ち着きがない」


 


そうだから。


もしかしたらそうかもしれない。


 


と心配しているなら


 


そういうお子さんを受け入れる幼稚園の中から通わせる園を選ぶことが重要だと思います。





発達障害児・グレーの子を受け入れる幼稚園はどうやって探せばいい


 


 発達に心配がある子を受け入れる幼稚園はどうやって調べたらいいの?と私も思っていました。


 


大体以下のパターンでしょうか。


 


療育ママさんから聞く


 


次男ちゃんが通っていた発達に遅れがある子の体操教室(小児科のクリニックが主催。先生は臨床心理士)のママさんから長男くんの幼稚園がよいと聞いたことがありました。


 


そのママさんはお子さんを長男くんの幼稚園のプレに通わせるか悩んでいたようですが、願書が先着順で朝早くから並ばなくてはいけないので断念したそうです。


(お子さんは2歳で児童デイに通っています。)


 


次男ちゃんも5月から長男くんの幼稚園のプレに通うのですが、兄弟枠で並ばずに入園できることになりました。


 


(次男ちゃんが児童デイに通っていること。言葉が遅いことも伝えたのですが、ぜんぜん平気そうでした。長男くんの幼稚園はそういう方針なので。)


 


療育関係者に聞いてみる


 


医療機関

 


もし、作業療法、言語聴覚療法などのリハビリを受けているなら医師、看護師、作業療法士や言語聴覚士の先生に相談してもいいと思います。


 


「幼稚園を探しているんです・・。」と相談したらほかの子がどこの幼稚園に通っているかぐらいは教えてくれたりします。


 


児童発達支援事業所

 


未就学児が通う児童発達支援事業所では幼稚園と併用して通う子も多いので、通所していた子がどんな幼稚園に通っていたか知っています。(こちらは受給者証の日数が基本14日なんです。)


 


ただ、無関係の児童デイに電話して聞いても個人情報のからみで何も教えてくれないと思うのでお子さんが通っている児童デイなどに相談するとよいと思います。


 


児童デイの方が言っていたのですが、まったく関係ない方がたまに情報が欲しくて電話してくるそうです!(何も教えないと言っていたけど・・。)


 


みんな必死なんだ!





相談支援事業所

 


相談支援事業所ってなに??という感じですが児童発達支援事業所(児童デイ、放課後デイなど)に通うには障害児通所支援受給者証が必要です。


 


それを申請する過程で「障害児支援利用計画案」を提出することが必要なのですが、それを作成してくれる事業者のことです。(自治体が負担するので保護者の負担はありません。)


 


ただ、保護者が自分で計画案を作る「セルフプラン」だとすぐ申請できるので相談支援事業者と契約していない人もいるかと思います。


 


私も正直「相談支援事業所」と契約して「障害児支援利用計画書」を作成してもらうのは面倒くさかったのですが、それをしないと自治体と利用者(わが家)の直接のやり取りになってしまいます。


 


自治体が日数を減らすとか言ってきた時に保護者に味方してくれる第三者がいたほうがいいかな?と思い「相談支援事業者」と契約しました。


 


結果的にその相談支援事業者の方がベテランでローカル情報を知っていたので長男くんの様子が心配な時に相談できたりして助かりました。


 


「あの幼稚園はいいんじゃないですか。今まで何人も通っていましたよ。」


「あの園なら不適応にはならないと思いますよ。」


 


などたくさんのお子さんを見てきたベテランの貫禄で相談したいときは(意外に)頼りになります。





幼稚園ガイド


 


うちの自治体ではほぼ私立幼稚園なので私立幼稚園連合会の一覧を自治体の窓口でもらって調べました。


立地や費用などが載っているのは便利でしたが、ガイドの中には発達障害児の受け入れ実績等はのっていませんでした。


 


発達に心配がある子の受け入れは保護者と幼稚園と個別相談という形なんですよね。


 


公立幼稚園も見学に行きましたが幼稚園見学や入園相談などのやり取りで行政が絡むことはありませんでした。


 


補助金が支給される自治体なので関係があるのはその申請だけでしたが、必要書類は幼稚園経由でのやり取りでした。


 


雑誌・フリーペーパーなど


 


幼稚園が多いエリアだと子ども雑誌やフリーペーパーなどで幼稚園・保育園の特集が組まれることがあります。


 


大体夏~秋ぐらいの時期だと思います。


 


私が見たフリーペーパーや雑誌では「障害児応相談」「障害児受け入れ実績あり」など障害児の受け入れについてはっきり記載があり驚きました。


 


その文言が掲載されていないところはそんなに受け入れを希望していないところなんでしょうね。。


 


幼稚園のホームページ


 


積極的に障害児を受け入れていて有名な幼稚園ではそのことに関して発達に心配がある方は事前見学必要などと明記されていました。





ネットでキーワード検索


情報がでてくるときもあります。


住所を入れていて違う区の幼稚園がでてきたりGoogle検索は当てになりませんね。。


 


など。


 


まとめ:発達が心配なお子さんの幼稚園探しだって心配しなくても大丈夫


 


情報を集めてそれまでに見学や説明会などをこなして希望の幼稚園を探しましょう。


 


 幼稚園の願書は10月半ば配布


願書提出は11月の第一水曜ぐらいだと思います。


 


平成31年度の幼稚園の入園活動のピークはまだまだ先です。


 


 試行錯誤しながら発達が心配なお子さんの幼稚園探しをしてきた方たちの書籍やブログなどを見た方はひどく心配してしまったり、ショックを受けたかもしれません。


 


でも、どこでも受け入れてくれる幼稚園があると思います。


 


断ってくるようなところはこちらから願い下げ!(と夫が言っていました。)


 


しっかり情報収集して準備すれば発達がゆったりな子の幼稚園探しで嫌な思いをしたりショックを受けたりすることはなくなるのではないかと思っています。


 


ちなみに私個人は幼稚園だけでなく児童デイと併用したり、年齢が低いうちは療育施設に通よい本人に負担をかけない選択もよいと考えています。


 


長男くんが待機していた児童デイに4月から通えることになりうれしいです☆


ヤッター☆


 


≪長男くんが大好きなこどもちゃれんじの資料請求はコチラから≫


 


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


 


 


www.kenkou-kosodate.com