幼児の靴下には裏にすべりどめがついています。


体のコントロールの上手でない幼児は靴下にすべりどめがないとすってーんっと転んでしまうんですよね。


(次男ちゃんはすべりどめ靴下を履いていても転んでいます☆)


 


大人用の靴下にはすべりどめがついていません!


だって体のコントロールができますからね。


 


子どもサイズの靴下は15センチくらいから滑り止めはなくなります・・。


 


それぐらいにはもう転ばないでしょ?


ということなんでしょうけど


 


超絶不器用な長男くんにはまだまだ靴下の滑り止めは必要!!


 


ということで今回も不器用な長男くんのために買い足した靴下に滑り止めをぬりました。


 


 





 


星型、丸型のシートをあて、へらでのばしていきます。


何度も使うと接着側ににじんでべったりとしてしまうので、一定使ったらシートを洗ったりしてきれいにすれば形よくできます。


使用は2回目ですが、もう1回は使えそうです。


 


※作業中、服についてしまいがちですが乾く前なら水洗いで落ちます☆


 


f:id:ellytakayama:20180502154130j:image


 


私は「すべるのきらい」(白色のゴムになる。)を使いましたが、Amazonで「すべるのきらい透明タイプ」を販売していたんですよね。。


 


 



そっちのほうが仕上がりが気にならなくてよかったかな。。


今ある分が使い切ったら透明タイプに切り替えたいと思います。


(なんでもAmazonで販売している時代ですね。。)