夏休みが終わる9月1日に自殺する中高生が最も多いことが知られるようになり、無理に学校へ行かなくていいというメッセージが見られるようになりました。


 


学校へいかない「不登校」についてお子さんの話をあさいちでたっぷり紹介していました。


 


f:id:ellytakayama:20180721114752j:plain



 


もしもわが子は学校に行けなくなったら!そのピンチをどう乗り越えたらいいのか?



中学生33人に1人が不登校の時代。
クラスに一人は不登校の生徒がいる。不登校の子いましたよね。


 


お子さんのSOSには要注意


 



  • 繰り返すせき

  • チック

  • 体調不良

  • 布団から起き上がれない


 


・・などの身体症状。


言葉でのメッセージなど。


 


学校に行けない子どもの親はどう接するべき


 


中学生で不登校になった女の子。


部活を辞めたいと言い出しづらくて


 


「最近部活が嫌なんだ。」


「まだ慣れてないだけ。頑張って。」


 


と悩みながら勇気を出して伝えたのにお母さんは気持ちを受け流してしまった。


 


お子さんの話を聞いてあげるって事は大事。


でも、そういう会話ってありそうですよね。


 


それをきっかけに親子の会話は減り女の子は一人で咳き込むことが増えて・・。


 


夏休みに入り夜眠れない日がつづき、異変に気づいたお母さんは「部活でなくていいよ。」と認め夏休みに退部届を出しました。


 


ところが新学期すぐに行くのを嫌がるようになっていたんですよね。


部活で一緒だった子や先輩も同じ学校にそのひとつに合わせる顔がないから。


 


嫌がる部活をやめさせてあげたのにどうして!?と親子関係は悪くなる。


 


一年半不登校に。



「スマホばっかり触ってないで。」
「家事ぐらいしたらどうなの?」


 


 


その後、お父さんがフリースペースを紹介。


 


毎日通えるようになり「自分はそのままでいいんだ」と思えた。


 


フリースペースの代表がお母さんに言ったセリフ


 


「申し訳ないけどお母さんが学校に戻そうとしている限り、娘さんは学校に戻れないと思ってください。」


 


これはお母さんにとってはすごいショックな言葉ですよね。



でも、元気になってきた娘さんを見てお母さんもだんだん学校に行かないの娘さんを受け入れるようになった。


 


「今のままのあなたでいいんだよって親が思ってそう接しないと子供は自信を持てないだろうし、そこから先に行けるようならないと今になれば思う。」


 


学校の百人一首大会に誘われたのをきっかけに中学三年生から学校に行くようになった。


 


子どもが学校に行けなかったら・・楽しめる時間=パラダイスタイムを大切に


 


不登校の子供は内心は嵐。
自分も苦しいし自分のせいで親が悩んでいるのを知ってもっと苦しむ。


 


パラダイス時間を大切に

 


親が楽しむと子供は楽になる


 


スクールカウンセラーの武井先生の話で



「親が旅行に行って家にいない時自分はめちゃめちゃ回復する。」



というお子さんの話がちょっと笑える。


 


受け入れられない親が家にいると学校に行かず家にいても居づらく気持ちが回復しないのだそう。出ていけーとか言われちゃいそうだわ。。


 


親は親で自分の人生を楽しむというのも大事なこと。
どんな子を持つ親でもそうありたいですよね。。


 


不登校をめぐる親と子のギャップ


 


親からすると「学校に行ってないのにダラダラしてる。」
子供からすると「学校に行けないくらい弱って何もできない。」


 


子供はもうガソリン0の車の状態。
無理をさせたら壊れてしまう。。


 


 


親子の関係で一番大切なこと



期待やしつけも大事だけれど


そればっかりなっていくと苦しくなってくる。



子供にとって一番大切なことは無条件に愛されているという安心感


 


今の自分を肯定されないで未来のことを言われても苦しくなってくる。
安心感が小さいのに期待ばかりされると潰れてしまう


 


不登校の子の親御さんも本当に辛い


 


子供が不登校の時、母親の心のケアが大事になってくると思う。


子供が一番しんどい。でも親も家も孤立して辛くて追い詰められる。


親だって涙が止まらないんです。



などFAXで紹介される親御さんの悲痛な叫びもたくさん・・。


お子さんの理解も大事だし、親御さんの気持ちも大事。


両方いて家庭がなりたっているわけなんだから。。


 


子供が不登校になるとお母さんも今までのコミュニティに行きづらくなるというのもある ようで親御さんも孤独になるようなんですよね。


 


不登校Q&A


 


Q.小1の娘が不登校です。


「今日は行ける?。」など 声をかけてしまっています。
言ってはいけない言葉などあるのでしょうか。


 


A.娘さんとの関係性で娘さんがノーと言えるなら問題ないでしょう。


聞いてみて行きたくないと言うのであればじゃあ元気でいることを優先させて今日は行くのをやめよう。


行くと言って途中でやっぱり学校に行きたくないと言ったらじゃあ校門まで行って帰りにアイスクリームでも買って食べようというふうにする。


学校に近づくのは不登校の子にとって怖い体験。
理解して安心できるようにしましょう。


 


Q.お子さんが行けるタイミングを待つお話が多いようですが、本当に成り行きに任せていいのでしょうか。


 


A.「絶対大丈夫です。」と伝えていますと先生。
肯定的なメッセージを出さないで心配だけしていると子供はどんどん削られてしまうし、 状況は変わりません。


 


まとめ:不登校への理解が広がってきているのかな


 


夏休み明けに自殺する子供が増えているということで今回の不登校特集はお子さんの話をたっぷり聞けました。


不登校のお話って奥が深くて本当にいろいろなのですが、お子さんを否定しない・受け止めて家庭での居場所を確保するという話は共通しているのかなと思います。


 


発達障害の子も不登校の経験者とかすごく多いんですよね。


現段階ではできたら学校へ行ってくれたほうが助かる・・と思ってはいます。


 


児童デイの就学勉強会でも学校への「行きしぶり」の話がありましたが、その子はSOS段階で介入してその後普通に通っているそうです。


 


ただ、障害児の保護者支援の話もそうなんですが、不登校の悩める保護者の方たちをどう支えるかという部分もすごく大事かなと感じました。


 


「子どもが一番大変だから~。」というセリフを発達障害の支援者からも聞きますが、私はこのセリフすごく嫌い(笑)


 


「親も大変なの!!」ということを見過ごさないで欲しいと思います。


 


だって、子どもの居場所とか世話とか進路とか勉強とか手配するの大変だもの。


 


(まぁ、そこを考えすぎると大変なことになるのでおおらかな感じで行くのがよいと思いますが☆)


 


私も発達障害児を育てて先輩ママさんの話に助けられましたし、不登校の保護者の方でブログやSNSをしている方もいますから多少つながって気持ちや情報を共有出来たらいいんでしょうね。


 


合間に紹介される FAX などでは本当に悲壮なお母さんたちの叫びが紹介されていたのでヒミツの保護者会やあさいちでやっぱり不登校を経験した子の保護者特集もやってほしいと思います。


 


お子さんが不登校になったときの相談先



「教育支援センター(適応指導教室)」
教育委員会が設けている場所です。
不登校に関する相談活動を行うと同時に不登校児童生徒に対する通所指導(カウンセリング,教科指導,体験活動など)を行っています。


 


「児童相談所」「保健所」「精神保健福祉センター」
厚生労働省が所管する施設です。ここでも不登校に関する相談活動を行っています。
これらの相談窓口については、地域において名称などが異なりますので詳しくは各都道府県・市区町村でお問い合わせください。


 


(参考)内閣府
ホームページ:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/04121505/004.htm


 


www1.nhk.or.jp