心配性ママの発達障害児育児ブログ☆

5歳の自閉症スペクトラム長男くんと3歳のグレー次男ちゃんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

2歳から6歳におすすめの知育アプリPoozaが無料な理由

発達ゆっくり目の2歳の次男ちゃんは家庭で認知力アップのために知育遊びをしています。

 

一緒にペタペタブロックで遊んだり、パズルや型はめをしています。

最近は、次男ちゃん1人でデュプロやつみきを積んだり、穴に落としたりして遊べるようになりました。

 

www.kenkou-kosodate.com

 

 

www.kenkou-kosodate.com

 

でも、ずーっとつきっきりで向き合うのはママも大変です。

ごみ捨てにも行きたいし、次男ちゃんのデイに持たせるお弁当も作らなきゃいけない。

 

スマホ・タブレットアプリなら親がつきっきりでなくても遊べることに気づきました(笑)

 

 

f:id:ellytakayama:20170413140541j:plain

きっかけは<こどもちゃれんじ>DVDのリモコンクイズです。

DVDの放送のオマケでリモコンで回答する時計やカタカナのクイズがついていたのですが長男くんは楽しみにしていました。

 

タブレット学習は小学生からスタートするイメージですが、幼児がタブレットで知育遊びしてもいいんです!

 

本人がスマホやタブレットに執着しすぎて問題行動を起こさなければね・・・。

 

 

何を隠そう、わが家の初代のタブレットは長男くんの問題行動で壊れてしまったんですよね。。

不器用すぎて思い通りに操作できないとバンバンタブレットを床にたたきつけて・・。

あれだけ何回もバンバンたたきつけられたら壊れるのは納得です・・。

 

 

家庭で使っているガジェット

 

今使用しているのは

・androidスマホ5インチ(パパからもらった) 

 ひらがなのなぞり書きを見るのには小さくてむしろちょうど良いサイズ 

 

Huawei 7型 タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro ホワイト ※LTEモデル

 壊されても悔いがない手ごろな価格帯のandroidタブレット。

 7インチは程よい大きさで使い勝手は良いです。

 幼児には程よい大きさですね。

 

・iPad(2017年版) 

パズルなど知育アプリのためには7インチより大きめの画面が良いかな?と思いandroidと迷いながらもiPad(2017年バージョン)を購入しました☆

楽天スーパーセールでポイント仕様で3万4千円ほどで購入できました。

iPadって10万円くらいするイメージでしたが手ごろに買えてうれしい驚きです。

 

 

 

2歳児~遊べるおすすめアプリはこれ☆

 

イチオシ!脳科学者が開発した知育アプリ・Pooza

 

脳科学者たちが考案した幼児や子供のための教育パズル
脳科学者たちが考案した幼児や子供のための教育パズル
開発元:ImagiRation LLC
無料
posted with アプリーチ
無料(課金・広告なし)
対象年齢2歳~6歳
 
シルエットパズル、型はめなど認知力をアップするパズルがたっぷり!
この質、量で無料なのは信じられない良質なアプリです☆
 
対象年齢の幅が広いので兄弟で楽しめています。
 

 ImagiRationのパズルや演習は、最適な脳のトレーニングを促すために、難易度が段階的に上昇するように作成してあります。この技法は子供のIQを10~20ポイント高めることが分かっており、学問で成功するチャンスを飛躍的に向上させることができます。 

子供は遊びから学ぶのが一番です。このアプリには、創造力、想像力、論理的推論、批判的思考を育成するために考案された900種類以上の教育パズルが含まれています。

 

ImagiRationは、ボストン大学の神経科学者であるアンドレイ・ヴィシェッドスキー博士、ハーバード大学卒の小児期早期における発育の専門家であるリタ・ダン氏、受賞アーティストや開発者のチームによって開発されました。 

 

脳科学者たちが考案した幼児や子供のための教育パズル - Google Play の Android アプリ

 

どうして名だたる学者達が開発したPoozaが無料でリリースされているんでしょうか?

 

Poozaを開発した学者たちはもともと自閉症児への早期介入による能力向上を研究し自閉症児向けのアプリを開発しており、その成果を一般の子どもたちへ知育アプリとしてリリースしていたんです。

 

自閉症児向けに開発されたアプリAutism Therapy with MITA

 

自閉症児のために開発されたアプリ☆Autisum Therapy with MITA 

 

Autism Therapy with MITA
Autism Therapy with MITA
開発元:ImagiRation LLC
無料
posted with アプリーチ
 
 
 
 
 
自閉症のための心像療法(MITA)は、自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子どものためのユニークな、早期介入アプリケーションです。 MITAは、子どもたちが精神的に、一般的な学習の大幅な改善につながることが実証能力をオブジェクトの複数の機能を統合する方法を学ぶのを助けるために設計された、明るい、インタラクティブなパズルを含んでいます。
 
•視覚、視覚と聴覚視覚条件性弁別のABA技術に基づいています。
•複雑さを増すとの指示を次の言語治療技術に基づいています。
•複数の手がかりへの応答の開発を目標とピボタル応答の治療に基づいています。
 
MITAは、ボストン大学の神経科学者A. Vyshedskiy博士、ハーバード大学卒の小児期早期における発育の専門家であるリタ・ダン氏、MIT大学卒のJ・エルガートと経験豊富なセラピストと受賞歴のあるアーティストや開発者のグループによって開発された。
 
※コメント部分はGoogle翻訳です☆ 
 

MITAって何?というところなんですが

Mental Imagery Therapy for Autism (MITA) ということで自閉症児へ向けた物や出来事をこころの中でイメージする力のトレーニングというところです。

 

認知力というのはさまざまなことがあり

「同じ」ことへの理解。形。色。大きさ。さかさまにしても同じ物とわかるか?など多くのことが求められます。

 

自閉症児へのセラピーといっても幼児に求められる認知力は同じです。

 

Autisum Therapy with MITA では誕生日(対象の子どもの年齢がわかる)、メールアドレスなど入力する場所はありますが、無料で利用できますし、問題の正誤率などを測定して94%以上の正解率になったら次のレベルに進むなど進捗管理をしてくれているようです。

 

英語表示の部分もありますがあまり読み込まずに直感的にやっています(笑)

最初は本当に簡単なパズルからはじまりじわじわとlevelが上がっていきます。子どもたちは楽しんでやっているようなのでおすすめです☆

  

スポンサードリンク

 

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ