心配性ママの発達障害児育児ブログ☆

5歳の自閉症スペクトラム長男くんと3歳のグレー次男ちゃんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

不適応でプレ幼稚園をやめた次男ちゃん(自閉傾向あり)

幼稚園は年少さん(満3歳児)から通い始める子が多いですが、最近はプレ幼稚園として2歳児さんも幼稚園に通うんですよね。

 

自閉傾向ありと児童精神科で言われている次男ちゃんもプレ幼稚園に通っていました。

 

それには切実な理由がありまして、うちのエリアは保育園は激戦区!

2歳児ではぜったい入園できません!と窓口の保健センターお墨付きでした。

 

でも、長男くんの幼稚園は認定こども園なので朝と夕方の預かりができるので復職オッケー!

(もう育休は終わり。)



ところが、肝心の次男ちゃんはプレ幼稚園に全然適応できず、ほぼプレ幼稚園はやめています…。

(先生方のご厚意で籍は残っているけど。)

 

f:id:ellytakayama:20170627074443j:plain

 

プレ幼稚園に適応できないってどういうこと?

 

プレ幼稚園に通わせているときは私が精神的にボロボロになり、早めにふて寝してました(笑)

 

3ヶ月ほど母子通園してから子どもだけバスで単独通園する流れでした。

 

次男ちゃんができないことがあるぐらいならいいんだけど…

 

  • すぐ部屋を飛び出す
  • 思い通りにならないと激しく泣いてひっくり返る

 

…の繰り返しなので次男ちゃんを回収しに行くのにほとほと疲れました。

 

先生方にちょっと相談すると

 

「児童デイと流れが違うからそこが負担なのかも。」

 

「無理にお部屋に入ったりするとストレスかもしれないから一緒に外に出たり気分転換していいんですよ。」

 

無理させないように言ってくれたけどそしたらそのまま帰ってしまうかもしれないとも思う(笑)



次男ちゃんは集団ではだめな子で大人数が集まる児童館では本当におかしい感じでした。

(部屋をぐるぐるかけまわったり、くるくるまわったり…。)

 

プレ幼稚園は子ども13人と保護者だからそこまでじゃないだろうと思っていました。

 

まあ、あまりすぐついていけないとか。

幼稚園に入れないかな?と判断するのは早いかもしれないとも思ったけど…。

 


正直、プレ幼稚園で機嫌が悪い次男ちゃんに付き合って私は気持ちが暗くならないわけがなくて。

 

仕方がないなぁとは思っているけれど・・。

 

唯一良かったのは幼稚園の行きと帰りで手が繋げたことかな。

 

それは大きな成長だなぁと思う。

そのうちまた次男ちゃんと外出できるのかしら?

 

多動で気難しい次男ちゃんと家族でのお出かけは3ヶ月以上していません。

夫に「次男ちゃんと一緒に外出は無理。」と言われているから(笑)

 

次男ちゃん。プレ幼稚園が嫌すぎておう吐する

 

脱走や泣き叫びに耐えながら、環境になれることを願っていた次男ちゃん。

 

しかし、癇癪はエスカレート!

 

ついにええええええと激しくゲロを吐きママのタオルでそれを拭くはめになった。


しばらく教室外に出て落ち着いたかなと思って戻ろうとするとまた泣く!

 

これじゃあ、次男ちゃん…プレ幼稚園に通えない。


プレ幼稚園やめようかな?

 

何のためにこんな苦労してるの?

子供の成長のためにと思っていたけれど私がこんなストレスだったらもう無理…。

本当にもう大変。



プレ幼稚園やめる?主治医の意見


主治医の先生に相談すると

「そんなに無理しなくてもいいと思うんですよね。」とやんわりという。

 

主治医の先生はこうしなさいとは言わない。


はっきり「行かなくていいです。」と言ってくれたら私も悩まず精神的に楽だけど…。

実は行かせたかった時に私が傷ついてしまうもんね…。

 

あんまりはっきりとは先生言えないよね…と思う。

(まぁ、つまり行かせなくてよいと思ってるんだろうけど。)

ちょっとしばらく…いややっぱりやめようかな。

無理しなくても年少から入れるらしいし…。


やめると決断するまでは私のメンタルはもうボロボロでふて寝(早めに就寝)したけど、

もう通わせない!と決めました。

 

本人も保護者も負担がかかるのは辛いから…。

無理をしない、できる範囲の育児・療育を選んできたし

 

長男くんがすさまじく不安が強い子で不安をさけながらじっくり児童発達支援センターで育ったから今の長男くんがあると思うから。

 

そこまで無理をさせなくても子どもは成長していくと思っているから。

 

作業療法の先生にプレ幼稚園をやめたことを伝えたら「長男くんのことを思い出して考えてくれて、よい選択だったと思います。」と肯定してくれました。

 

発達障害グレーな子どもの居場所

 

でも、プレ幼稚園をやめる決断ができたのは児童デイという居場所があったことも大きいかも。

 

保育園っぽい雰囲気の児童デイですが、次男ちゃんは楽しく通えているようで安心しています。

 

児童デイに通っていなければ、プレ幼稚園に固執して疲労していたかもしれないなぁと感謝しています。