心配性ママの発達障害児育児ブログ☆

5歳の自閉症スペクトラム長男くんと3歳のグレー次男ちゃんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

学校への行きしぶりや不登校はどうしたらいい?児童デイの就学勉強会に参加しました②

9月1日が中高生の自殺が最も多いということで不登校が話題になりました。

 

この子どもの行きしぶり、学校を休ませる基準について児童デイの就学勉強会でも話がありました。

先生のお話と質疑応答やほかの保護者とのやりとりで思ったことをまとめました。

f:id:ellytakayama:20170630153612j:plain

 

子どもが学校に行きたくないと言ったらどうしたらいい?

 


学校に行きたくない時には誰にでもあるものです。

 

親御さんが子供だった時、人前での発表や嫌な行事…なんとな行きたくない時があったでしょう。

基本的には行きたくない時は誰にでもありますが登校を促すことをやめてはいけません。
(登校刺激というらしいです。)

 

遅刻、早退、保護者同伴、保健室、校門まで 行って帰ってくるなど何でも良いです。


学校に足を向けないと本当に行けなくなってしまいます。

 

この辺り不登校の本などを見ると・・

 

お子さんが学校に行きたくないという時は勇気を持って言っている。
そこで親が子供の気持ちを上手く汲み取れないとますますこじれてしまう…。


みたいな意見をよく見るのでこんなにはっきり

「登校を促すことを止めてはいけません。」

というんだ!?と意外でした。

 

でも確かに子どもって簡単に「行きたくない。」とか言うんですよね。

 

うちも幼稚園に行きたくないと1回聞いた時は本当にゾッとしましたが、支度をさせて靴を履かせると嫌がることもなくスムーズにお迎えのバス停まで行っていました。

 

親としては学校に行きたくないなんて言われたらぎょぎょっとしちゃいますよね。

 

学校を休ませる判断基準


病気でもないのに腹痛、下痢、嘔吐、発熱など身体症状が現れている時には心が限界に達していますのでお休みをさせましょう。

 

ただし楽しい休日になってはいけません。

 

自宅で安静にすること安心から体調が回復した時には勉強をしましょう。
勉強が嫌なら家事を手伝わせましょう。


このあたりも不登校の本とはだいぶ違うんですよね。

 

不登校の本では、

 

心が限界に達しているお子さんに関しては家庭では好きなこと、楽しいことをさせてあげて心を満たしてあげましょう。

 

 

…というのが一般的なんですよね。

 

 

子どものSOSはこんな症状

 

フリースクールを運営しているNPO理事長の方のお話では

子供のSOSとして

 

  • 「学校に行きたくない。」「学校が嫌だ。」と話す
  • 頭痛・腰痛・身体が動かないなどの不調
  • 何度も肩をすくめる
  • 咳払い
  • まばたき
  • 長時間の繰り返しの手洗いや長風呂
  • 急にイライラ
  • 落ち込んで話さない
  • 急に明るくなる

 

 

…などの項目をあげていました。

その辺りのことを先生に質問しました。

 


「不登校の本を読んだことがあるんですけど対応が随分違うように思うのですが?」

 

と聞くと

 

「それは今の話は不登校になる前の段階の対応だからです。」

 

ということでした。

う~ん。どう違うのかな?わからない~。

 

 

子どもは簡単に仮病、言い訳を使う?

 

まぁ確かに子どもって普通に「もう幼稚園に行きたくない。」とか言ったりもするし、気がのらないことは言い訳をして回避しようとする知恵もある。

 

長男くんも


「疲れちゃった。」「眠い。」「具合が悪い。」

 

など幼稚園の先生が心配して気遣ってくれた言葉を言い訳に使って気が進まないことを拒否しようとしたりするんですよね。

 

いえ、大したことじゃありません。

 

具合が悪いから今日は朝ごはん食べないとか眠いから今日はお風呂はいらないとかそういうくだらないことへの言い訳です。

 

仮病じゃん!テレビを断られてふてくされた息子の言い訳

 

「今日、おしりたんてい見ながらご飯食べたい。」

 

と長男くんが言っても

 

「ご飯食べるときはテレビかけないよね。」と断ります。

 

すると…

 

「具合が悪いから朝ごはん食べたくない。」

 

別に熱もなく、表情、鼻水、咳など体の様子を見て別に体調悪そうでもなんでもないけど。

 

「そう、具合が悪いんだったらねんね部屋で寝てなくちゃね。」

 

「ねんね部屋におしりたんていの本持ってっていい?」

 

「具合が悪い時はね体をゆっくり休めなきゃいけないから絵本は持っていけないよ。それでもいい?」

と言うと

 

「…もう治った。」

 

と言ってケロッとしているのです。

 

めちゃめちゃ仮病やん。

 

子どもの都合の言い訳や軽い嘘を真に受けて対応したら子どもはどんどん言い訳をして気が進まないことを回避しちゃいますよね。

 

でも、自分は子どもが勇気を出して伝えたSOSをちゃんとを見分けられるのかなーって思ったりもします。

 

よく見ていれば子どもの深刻ぶりは伝わるのでしょうか?心配です。。

 

行きしぶりの段階で介入した方がいいことも

 

児童デイの先生は学校に行きたがらない行きしぶりのお子さんのことで保護者に同行して学校との面談などもしたこともあるようです。

 

学校への行きしぶりの段階で行きたくない、悩んだり、不安を感じている理由がある場合はそれを解決してあげられたらいいですよね。

 

実際には本人もうまく伝えられない場合もあるだろうし自分でもよくわからない時もあるでしょうけど…。

 

そのお子さんは話し合いでの配慮と学校に行くのがもう怖いような心境だったそうでしばらくはお母さんが半年ほど付き添ってふたたび通うようになりました。

 

お母さんは
「もう!いつまで付き添ったらいいの~!」という心境だったそうです。
(大変ですよね~。)

 

今はもう小学校高学年ですが普通にその後は学校に通っているようです。

 

普通級から支援級に移って落ち着いたお子さんの話も聞いたこともあります。

 

もう不登校になる。という状態になったらそれはもう不登校で行くしかないということらしいんですが、その前にできることはある・あった。と言うお話もありました。

 

 

学校に何を求めるか?


今は勉強しようと思えば学校以外の場所があります。
塾だったり、タブレットなどでのオンライン教育であったり選択肢はあります。


ただ学校教育の場は人間関係など社会勉強の場でもありますから学校に行かないのであれば他の関わる場所があるのが望ましいことです。

 

習い事であったり、遊べる友達がいたり他の関わる場所を用意してあげられるか考えましょう。

 

本人にやりたいこと、好きなことがあれはいいですけどまだわからないなぁ…という感じです。

また幼いし。

 

ちなみにデイの先生はタブレット、スマホなどICTツールをかなり警戒していました。


自治体の引きこもり対策委員?もしていて、メリットもあるけれどそうしたツールの影響で昔にくらべて昼夜逆転しやすく引きこもりしやすい環境にあると話していました。

 

 

発達障害児の不登校・行きしぶり


長男くんのお友達は普通を選ぶ子もいれば支援級に通う子もいるわけですがやっぱり(?)行きしぶりのお子さんは多いです。

 

そもそも小学校って就学前とかなり違う環境ですもんね。

 

幼稚園は遊びを通して学んでいくわけですが学校に関しては時間割があってお勉強をしていくわけですから。

 

そんな中でお母さんたちは行きしぶりに対応しています。

 

送り迎えをしたり、遅刻したり場合によっては早退したりして学校にみんな通っているようです。

みんなそうやって学校に慣れていくんじゃないかな。

 

夏休み明けもみんな登校しているみたいです。


いきなり
「学校には行かなくてもいい。」
はちょっと性急な判断じゃないかな?と思います。

 

 

発達障害の子には不登校や引きこもりが多い?


以前、通園施設の卒業生のお母さん方に話を伺うと本当に不登校や引きこもり状況になったりするお子さんが多くて正直驚いたんですよね。


カーテンをしめて部屋に閉じこもり、壁際に体育座りして、誰もいないのにパーカーのフードを目深にかぶり顔を隠している…。

 

なんか、引きこもりのイメージそのもの!みたいなお子さんもいました。

 

でも、なんにも言わずほっといたら(そっと見守っていたら)自分で関心がある分野への進路を決めたそう。


こうしたケースは家庭が安心できる場所であること、好きなことをして満たされることが必要なんでしょうね。


発達障害の周囲への無理解があれば二次障害で「不登校」になるかもしれません。

 

でも、必ずしもはっきりした原因があるわけじゃなくいろいろと疲れて「不登校」になることもある。


そうしたお子さんに無理をさせるとそれが二次障害になり身動きがとれなくなる・・というように感じました。

「もう、不登校ってこーいう(発達障害の)子達に必要な長期休みなんじゃない??」みたいな会話をしたのを覚えています(笑)

学校に行けない子も負担でしょうけど保護者も不安だし子どものお世話が発生して大変です。

自分の子どもには辛い思いをして欲しくないし、生き延びて欲しいけど、不登校の子や家族へのサポートはまだまだ足りない気がします。

 

私ももし長男くんが行きしぶりになったらきっと戸惑ったりするんだろうな・・。

まぁ、そのとき考えようと思いました(笑)