心配性ママの発達障害児育児☆

5歳の自閉症スペクトラム長男くんと2歳のグレー次男ちゃんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いていきます。

親の負担が少ない幼稚園に子どもを通わせて思うこと

長男くんの通っている幼稚園は保護者の負担がとても少ない幼稚園です。


保護者の負担にもいろいろありますが、親が幼稚園への関わりを求められるのが一番の負担だと思うんですよね。

親の負担を少ない幼稚園を選ぶとどんなメリット・デメリットがあるか書きたいと思います。

 

f:id:ellytakayama:20170404124610j:plain

 

親の出番が少ない方が負担は小さい

 

たくさんの子どもが通う幼稚園生活を先生、事務員の方達だけで運営することはできません。


保護者の協力が求められるのが通常です。

 

行事や父母会などの活動の参加で保護者の負担はずいぶん違うと思います。

 

父母会があるかないか

 

父母会がある場合はない園よりも負担はあると思います。
茶話会や懇談会などあるからです。

夏祭りなどは保護者が主体的にやっているのではないでしょうか?

 

幼稚園で保護者の手伝いを大幅軽減するとこうなる

 

長男くんが通っている幼稚園は父母会もなく、また今年度から保護者の負担を大幅に軽減することになり運動会や発表会の内容が大幅に見直されました。

運動会

 例えば、運動会

幼稚園の運動会は近隣の小学校の校庭を借りてやるものですが今までは総合演習は3回ほどありました。
ところが今回は総合練習は一回のみで保護者お手伝いなし。

今までは保護者を借り出して総合練習をしてきたですが、演目を大幅に見直しすることで保護者の手伝いもなくしました。

当日の運動会は保護者参加型の演目が多く、子どもと親が一緒に走ったり、答え当てゲームをするような運動会でした。

もちろん、花形のリレーやダンスなどもありました。

 

発表会

 

発表会もずいぶん変更になりました。

それまでは衣装なども劇のためにわざわざ保護者がかかりを決めて作成したようですが今年からは衣装は作らない、普段着でやることになりこちらも大幅に負担が軽減されました。

たぶんみんなでダンスしたり歌を歌ったりするのかな?

 

ベルマーク運動も中止

 

ベルマーク活動もなくなりました。


校庭にある立派な滑り台などの遊具はベルマークを集めて購入したものらしく、ベルマークでこんな立派な遊具が買えるの?と驚きましたが今はベルマーク係などはおらずベルマーク運動がやっていません。

 

よくPTAでベルマーク活動が大変だって言いますもんね。

 

行事のお手伝いはあくまで保護者で割り振る

 

他にも行事のお手伝いはあります。

遠足の時の出欠係の形、食育イベントのお手伝い、プールの付き添いなど募集され必ず一人一回は手伝わなければいけませんがお手伝いは本当にそれだけ。

 

最初の懇談会の時に集まって決めるだけでスムーズに決まりました。

今はLINEがありますから便利です。

 

親の集まりはどうしている?

 

茶話会、懇親会などは保護者の自主的な活動として希望者のみ参加します。
グループラインで思い立ったお母さんから連絡が来て参加者だけ返信します。
とりまとめ自体が負担のある行為ですからね。

 

なぜ行事の保護者負担が大幅に減ったのか?それは教育要領変更のため

 

各行事の負担が大幅軽減というのは実は今年度からです。

 

幼稚園教育要領が変わり遊びを通じてもっと子供たちが主体的な活動をでかるよう指導をするようにということになり行事への注力よりも日常の活動が大事だよね。と方向転換したんです。

これって今教員の方々が学校生活の行事が忙しく学習指導に手が回らなかったり全体として残業になっているという現状に通じるものがあると思います。

 

先生も親もマンパワーは限られているので優先順位を決めて対応していかなきゃいけないんじゃないかなと思います。

 

親の負担の少ない幼稚園に通わせるデメリットはある?

 

父母会などが全面的に協力する行事と満足感は違うかもしれません。

しっかりと訓練された運動会や発表会を見て感動したい親御さんは不満かも・・。

運動会でも親子参加型の演目が多く親が忙しかったね(笑)という感想はありました。

 

うちの幼稚園は夏祭りもありません。父母会がないからです。

 

去年通っていた園では役員になり夏祭りを行いました。
子どもたちは楽しんでくれて満足感ありました。

 

大体、役員のお母さん達は週1回は集まっていました。私はママ友ができて楽しかったですけどいいメンバーに恵まれたのもあるかもしれません。

 

幼稚園の夏祭りは規模も大きいし大変かも。

 

幼稚園は兄弟で通園してる人も多いですが今年方針を変えるというお話が先生から会った時に不満を口にするお母さん達も何人かいました。

ただ、そういった方達が行事にものすごく協力するわけでもないだろうし…。
保護者のお手伝いを集めるのも大変だったらしいので。

 

先生方は行事より日常の指導をもっと工夫して注力したいという決断なんでしょうからね!

 

小学校、中学校でも行事や部活などの負担で授業の準備が満足にできない。教員の残業がひどい。教員になり手がいないなど問題を聞きます。

 

大胆に行事や部活動など削減するしかないのでは?と思います。

 

私も子どもの頃、運動会は楽しみでしたけど運動会の練習は嫌いでした(笑)

 

その他の親の負担感

認定こども園

 

長男くんの通う園ははいわゆる幼稚園スタイルの1号と保育園スタイルの2号に分かれています。

長男くんは幼稚園スタイルの1号に通っています。

 

今はどこの幼稚園でも預かり保育をやっていますが、認定こども園は他の幼稚園に比べて年間での預かり可能日数が多いことが多く幼稚園でも仕事がしやすいです。

 

理念


わんぱくを目指したどろんこ幼稚園だとお洗濯が大変だったりします。あと髪形制限もあったりしますね。

費用


制服のありなしなども影響しますし、父母会費があることも。
園によって結構違うんですよね。

距離


園バスは今はどの幼稚園でもありますが、行事の手伝い、先生との面談、行事の参観など保護者が園に行く機会は意外にあります。
(バス代は月2000円です。)

交通手段がないと困ります。

 

給食

 

給食ありの幼稚園の方が費用は余計にかかりますが親は楽だし子どもの食生活は広がる気がします。
(給食代は保育料とは別で月4500円でした。)
週1回だけお弁当の日があります。

食物アレルギー対応などもチェックしました。長男は卵アレルギーなので。
お誕生会のお菓子だけ代替え品を持たせていました。給食は代替えメニューがありました。

 

習い事

 

幼稚園が終わったあと英会話やダンスの先生がきて教えてくれます。(月謝別)
終わったあと映像でバスがでるので親は送迎しなくてよいので楽です。

 

親の負担の少ない幼稚園の評価はどうなの?

 

通っている幼稚園は実は大人気で年少さんの募集はプレの子だけで定員いっぱいになったそう。

 

親の出番が少ない幼稚園を選ぶと負担は少ないなと思っていますし、園生活には満足しています。

 

でも、意外にお母さん達は送り迎えや園に顔だししているんですよね。

畑作りのお手伝いに参加したり、たまに送り迎えに行く時に先生とお話ししたり十分幼稚園の様子は見ることができています。

 

これからは親だけじゃなく、幼稚園も負担が軽減されるような流れになるのでは?

 

中には親が手伝いが少なく先生に負担がかかりすぎる園の話も聞きましたがすぐ先生が辞めてしまうので評判は悪かったです。

(幼稚園は理事長しだい。教育現場って密室ですもんね…。)

 

私はそこまで考えて幼稚園を選んだわけではありませんが、親の負担の少ない幼稚園はアリだと思います。

 

情報収集をバッチリして幼稚園選びにのぞんでくださいね。