心配性ママの発達障害児育児ブログ☆

6歳の自閉症スペクトラム長男くんと3歳のグレー次男ちゃんの子育てブログ。発達障害児ママの不安や戸惑った気持ち、早期療育、家庭療育について書いてます。過去記事はキーワードでブログ内検索していただけます。

家庭学習でチャレンジタッチ、進研ゼミ、スマイルゼミを比較して選んだのは進研ゼミでした(小1)

 

就学前はこどもちゃれんじを継続していた長男くん。

小学校に入学しても勉強を続けたいなと思っていました。

 

とは言え学習塾など集団での授業は難しいだろう・・

 

ということで現在は家庭学習でフォローしています。



発達障害の小学一年生の学習目標



学習に関しての目標としては 

 

少しの先取り 

 

授業がわからないと、辛いだろうということで進度にあわせて少しの先取りをしています。

教科書準拠の教材を使えば予習の効果があります。

 

家庭での勉強量は少なめ希望 

 

家庭学歴は無理をさせたくないし、みる親も大変です。

 

小学校での宿題は毎日プリント1~2枚ととても少ないですが

 

放課後デイサービスに週4日通っています。 宿題をする時間はあるようですがデイではやりたがらないので。

 

本人の特性、性格

 

不安が強くはじめてのことには取り組みづらい

手先が超絶不器用で筆圧が弱い 

 

ということがあります。

 

家庭学習の教材として選んだのは進研ゼミ

 

1年生の家庭学習でチャレンジタッチ(専用タブレット)、進研ゼミ(紙教材)、スマイルゼミ(専用タブレット)を比較して選んだのは進研ゼミでした。

 

進研ゼミ小学講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

DVD は入学準備など最初だけに配られて毎月はつきません。

 

進研ゼミはワーク一冊と不定期で付録が付いてきます。

それからサイエンスの読み物。

保護者向け読み物とドリルの回答が一体化した冊子など。

 

赤ペン先生へのテストは返却まで3週間はかかります。

 

 

 チャレンジタッチ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

 

タブレット学習ってどうなの?

 

タブレット学習はスマイルゼミとの比較になると思います。

 

チャレンジタッチもスマイルゼミも専用タブレットを購入しなければなりません。

 

ただ、わたしは2019年4月のキャンペーンでチャレンジタッチ端末は無料でゲットしました。

(2020年もやるのかな?)

 

スマイルゼミのタブレットもそうですが、かなりサイズは大きくiPadなどふつうのタブレットとはかなり重さ、厚みが違います。

 

ごろごろ座りながらアプリで勉強・・

 

とはできず

 

ちゃんと机に置き席に座ってじゃないとできない・・。

 

かなりちゃんとしたお勉強のイメージです。



チャレンジタッチのタブレット

 

こちらは筆圧感知のシステムなので画面に手をついたりするとうまく書いた字が反映されなくなってしまいます。

 

ただ字を書くマスがタブレットカバーの隅っこに手を置きながら書いたりということも可能だったりするので、案外そこまでネガティブではないのかもしれません。

 

筆圧が弱いので進研ゼミのタブレットで書くことができるのかと不安だったのですが 全然問題なく書くことができました。

 

超絶筆圧の弱い長男くんでも書くことができたのでほとんどの方が書くことができると思います。

 

 チャレンジタッチのデメリットいくつか 

 

チャレンジタッチのひらがなは判定が厳しいと聞いていましたが、確かに厳しく息子はエラー音にお怒り(笑)

 

長男くんはいけのかんがえる嫌いと言って何度も席を立ってパパの部屋に逃げ込んでいてしまいました。

 

キャラクターの役割があるようで

スーパー天才の池の考えるというカエルキャラは厳しく

主人公的なキッズという男の子は励まし褒めたりを担当

 

…してるようなんですけど

あんまり厳しいとついていけなくなるな、と。

 

個人の感想です。

 

ちなみに私も書いてみましたが NG判定をもらいました。

ママもいけのかんがえる嫌い!


他にも

 

タブレットだと画面が狭い。

 

画面切り替えでの国語の読解問題は厳しい 

 

単純な算数の計算やひらがな、漢字の書き取りなどであればタブレットでも全然問題ないと思います。

 

でも、文章問題になるとやりづらさがあるように思います。

 

国語などで文章を読み、それに対して問題を読み回答するという流れだとタブレットの画面に収まりません。

 

不器用な子供が文章を読み、問題文を読み、分からない時はまた前の文章の画面を開き回答する。

 

本人にとってはかなりの負担のように思います。

 

紙のドリルの良さとして見開きで文章問題と解答欄が一度に読み書きできるのはメリットとして挙げられると思います。

 

チャレンジのタブレットはキャラクターがごちゃごちゃしている 

 

他の発達障害のお子さんがいるママさんの口コミで

注意力がそれる仕様だから家ではタブレット版やめたわ

 

というコメントがあったのですがこれ、私も分かりました。

 

チャレンジタッチやりたいと言うので本人に任せると

問題を解いたりしないでコラショというキャラが テクテクテクテク画面を歩き回ってる様子を見ていたりするのです。

 

飽きずに何10分も。

 

全然勉強してないよ。

 

なにこれ。

 

なんで勉強に関係ない要素入ってるの?

 

スマイルゼミはこんなトラップないよ。

 

この勉強以外に気が散るような仕組みっていうのはなかなかうざったいですね。

 

 

発達障害の子どもにタブレット学習がよいというのは本当?

 

よく発達障害の子には タブレット学習が良い。

ICT教育で負担軽減などという話も聞きます。
本人の困ってる部分がツールで解消できるのであればもちろん使うべきでしょう。

 

私も支援級見学の際にタブレットなどツールが利用可能か質問しました。

 

でも、実際は使っていません。


長男くんの字は超汚いけどタブレットに書かせても上手にはかけないんですよね。

 

手指の力、コントロール力、資格認知力など総合的に課題があり、本人の能力をICTツールが補うことができないからなんですよね。

 

学習の理解も同様です。

 

タブレット学習ならできるわけじゃないんです。

 

本人が困っていることをICTで補えるなら意味がありますが、それはICTとは限らないということです。

 

むしろタブレット学習であれば

 

選択問題などあまり考えずにさっきはこっちでバツだったから今度はこっち!

 

など答え丸がもらえたらいいや。

 

と、自動採点だけに流してしまうところがありました。

 

 

なので、本人の能力に合わせて丁寧に関わるために紙での教材で学習しています。

 

スマイルゼミは通信教育の中では良さそう

 

スマイルゼミの資料請求をすると111ページもある案内冊子が届くので不安はかなり解消されます。体験会にも参加しました。

 

学習教材の比較ですが、スマイルゼミも随分良い点があったなと思います。

実際スマイルゼミの体験会に参加して長男くんは激しく食いつき、50分ぐらいやらせてもらっていました。

 

「これやりたいこれやりたい」と長男くんが言うので


「じゃあパパにお願いしてみようか」

 

と私もスマイルゼミを申し込む気満々でした。

 

じゃあなぜ断念したのか

 

と言うとそれは紙とタブレット学習の比較で紙教材のほうが書き込みできるから。

 

問題文のキーワードに線を引かせたり、私も書き込みして説明できるからです。

 

成長ゆっくりの息子には丁寧に説明したり考えさせられる教材がよいと思ったからです。

 

でも、自主的に勉強できる子で

タブレットでの教育を考えるのであればスマイルゼミはかなり優秀だなあと思いました。

 

国語算数など基本教科以外にプログラミング などの教科も対応しています。

 

また 進研ゼミのタブレット教材は 1年生から継続していても次の学年が上がるとその前の年のデータのみしか活用できません。

 

つまり 2年生になった時は1年生、2年生の両方の過去の問題が勉強できますが

3年生になった場合は2年生、3年生の問題までしかタブレットには残りません。

 

その点スマイルゼミでは1年生から継続すればずっとその過去の学年の問題というのは利用することができるそうです。

 

将来勉強につまずいてさかのぼり学習をしたい時、受講していた期間の過去の問題は使えるわけですから大変なメリットですよね。

 

学年を関係なく受講できるすららのようなオンライン教材もありますが、スマイルゼミの方が受講料が安くすみます。

 

特にスマイルゼミの問題は全く同じ内容の繰り返しはなく解くたびに変わっていくのでくりかえし学習に向いています。

 

漢検も無料で受けることができるし・・

英語だって発音やリスニングを考えるとタブレットの方がいいですよね。

 

複数教科で考えたら塾よりはるかに安いですから。

 

わが家も長男くんの様子を見ながら勉強法はアップデートしていくつもりです。

 

長文読解、書字、漢字に不安ありなので。

そこそこ頑張ってほしいです(笑)